川西(かわにし)エリア

どんなエリア?

信濃川の西岸にある高さ50mの段丘上に広がる地域が川西エリアです。地殻変動によって土地が隆起する以前は信濃川の流路だったといわれています。河岸段丘の平坦な地形を利用して魚沼コシヒカリを中心とした本格的な稲作が行われています。小千谷から長野にいたる旧善光寺街道が橘・上野・千手地区を通っており、かつては旅人や商人の往来が多くあったと言われています。また、昭和39年の栄橋の開通まで、十日町との間を人や荷を運ぶ船が行き来していました。

興味があれば、歴史についても是非。

星名邸(非公開)
妻有郷随一の豪農、豪商として知られる星名家は現当主で15代を数えます。江戸時代には酒、油、米、塩、縮布、質屋など幅広い商業活動を行い、1842年に上棟した星名邸は、間口17間の母屋、蔵6棟、茶室2棟があり、国の重要文化財の指定を受けています。ジェームズ・タレルが光の館を構想する際にモデルにした建物です。

これは見逃せない!

ナカゴグリーンパーク
眼下の河岸段丘に広がる美田と大河信濃川、対岸の十日町の街なみと魚沼丘陵、そしてはるかにそびえる越後三山。大地の芸術祭の作品拠点となったこのエリアでは、ジェームズ・タレルの光の館をはじめ、住民によって運営されるブルーベリー園「ベリースプーン」など、話題の作品を体感いただけます。

このエリアの主な見所

光の館

 

ナカゴ・グリーンパーク