エマ・マリグ 

(チリ出身/フランス)

アーティスト一覧へ戻る

1960年チリ、サンティアゴ生まれ。1993年以来、パリを拠点に活動。 ノスタルジーを感じさせるポエティックな作風が特徴的で、近年では、多様な存在を用い、物質の動き、光、音を統合させたインスタレーションを制作している。5年間京都にて滞在制作を行い、和紙づくりや伝統的な日本画の手法に触れた経験もあり、俳句にインスパイアされたテキスト表現も行う。

このアーティストの作品

T350

アトラスの哀歌

エマ・マリグ