田中芳

(日本出身/日本)

アーティスト一覧へ戻る

1959-2013、東京生まれ。草や木、石や土、降る雨や雪、流れる水、吹く風など、自然をテーマに大胆な構図で描く日本画家。初期の作品「庭」「流れ」「松」などの具象的イメージから、近年は「□△○」など支持体が幾何学形になり、最晩年の「線」「塵」のシリーズでは一本の抽象化された線で自然観宇宙観を表現する。多くの個展、グループ展の他、関西電力本社ビル、ザ・ペニンシュラ東京、セントレジスホテル大阪など、数多くのコミッションワークを展開した。

このアーティストの作品

K090公開終了

けれども、たしかにある光

田中芳