林舜龍(リン・シュンロン)

(台湾出身/)

アーティスト一覧へ戻る

1958年台湾、台中生まれ。2009年、2012年、2015年の大地の芸術祭や2013年、2016年の瀬戸内国際芸術祭など、日本や台湾を中心に世界中でパブリックアート作品やインスタレーション作品を発表する注目のアーティスト。東京芸術大学への留学とパリでのレジデンス滞在など、長年海外で暮らした体験と母国へのノスタルジアにより、国家間の歴史記憶、民族意識、文化交流に関心を持ち、インスタレーションを通じて、現代社会で明確に分別された国家、階級、経済格差の境界線を破り、様々な形式で人と人、人と自然の密接な関係を表現し、人類がたどってきた歴史の記憶と共通の感情を呼び起こすことを目的として作品を展開している。

このアーティストの作品

M028公開休止中

国境を越えて・山

林舜龍(リン・シュンロン)