ミシャ・クバル

(ドイツ出身/ドイツ)

アーティスト一覧へ戻る

1959年ドイツ、デュッセルドルフ生まれ、在住。コンセプチュアル・アーティストであるミシャ・クバルは、1977年から公共空間及び施設において作品を発表。 建築的空間や社会的及び政治的な領域を、光を駆使し探検し、社会文化的構造から建築的な介入まで様々な局面を映し出し、建築史におけるそれらの記念碑的な性質を強調したり、再解釈したりする。また、政治的な意図を持つ参加型プロジェクトでは、公共及び私的空間が併合し区別がつかなくなり、参加者、作家、作品自体、そして公共空間とがコミュニケーションをとる場となる。
2007年よりケルン・メディアアート大学パブリックアート科教授及びカールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター助教授。2015年からノルトライン・ヴェストファーレン州科学・人文科学・芸術アカデミー会員。2016年ドイツ・ライト賞受賞。日本では徳島に恒久作品がある。
≫作家オフィシャルHP

このアーティストの作品

T376公開終了

hōjō_10x10 feet_shift

ミシャ・クバル