関口恒男

(日本出身/日本)

アーティスト一覧へ戻る

関口恒男は最初のレインボーハットを1989年にインドのゴアで制作しました。それ以来、日本、ニュージーランド、台湾などで様々なデザインの踊るための場所としてレインボーハットを作っています。虹は水の中に鏡を入れ太陽の光を反射することによって作られます。ハット(シェルター)は自然の素材で作られ、水の中に入れられた鏡から虹が投影されます。太古の人々が火を依り代としてその周りで踊ったように、虹を依り代とした新しい形の踊るための場所を作っています。それぞれの人がアーチストでありダンサーであるような芸術が機能する場を作ることを探求しています。

このアーティストの作品

K068公開終了

越後妻有レインボーハット2009

関口恒男

K080公開終了

越後妻有レインボーハット2012

関口恒男

K031公開終了

越後妻有レインボーハット

関口恒男

K086公開終了

越後妻有レインボーハット2015

関口恒男

K105近日オープン

越後妻有レインボーハット2018

関口恒男