盆景—II

作品一覧へ戻る

作品について

はじめて越後妻有下条のあの棚田に立ったとき、そこから何かの気配を感じました。心の奥にしまわれていた何かが、棚田に触発されて湧き上がってきたのです。かつて西行が伊勢拝殿前で詠んだと伝えられる和歌に「なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさの涙こぼるる」とありますが、まさにそれでした。棚田の何かが在るのです。まずその気配を、田の土中から引っ張り上げる仕事をしました。まるで自分の記憶の中に持っている、どこにでもあった形や、何となく見覚えのある、かつてふれたことのある物、嗅いだ覚えのある植物など、五感の中に生きていた記憶を引き出したようでした。実風景の中、棚田にそんな居心地の良い風景、盆景を存在させ、そして、一定期間が過ぎると、祭が終わったように盆景も元の静かな棚田の風景に戻ります。観た人の記憶に留まることを期待しながら。

アーティスト

古郡弘

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

公開終了

  • 作品番号

    T072

  • 制作年

    2003

  • エリア

    十日町

  • 集落

    下条

作品所属エリア