曙光——妻有焼の誕生

作品一覧へ戻る

作品について

妻有は、世界に誇るべき縄文時代中期の「火型土器」の故郷である。しかしその後、この地からやきものは途絶えてしまった。吉田明は、妻有の地をめぐって、やきものに適した土と風化石を発見。その土と風化石を使い、吉田がこれまで展開してきた三島・粉引・刷毛目といった朝鮮陶の技法のほか、染付、赤絵など、多彩な技法で仕立て上げた作品群。新たなる「妻有焼」誕生の曙光が、ここにある。

アーティスト

吉田明

日本

公開終了

  • 作品番号

    T132

  • 制作年

    2006

  • エリア

    十日町

  • 集落

    願入

作品所属エリア