越後妻有 大地の芸術祭の里

こへび隊学生向け活動説明会(こへびサロン関連企画)

こへび隊メンバー募集中!特に今回は学生の方へご案内です。

2017年5月30日 投稿
こへび隊の活動や、大地の芸術祭に関する活動説明会を開催します。「こへび隊って具体的にどのような活動をするの?」「こへび隊の役割や魅力は?」などの疑問について、お答えします。アットホームな雰囲気ですので、登録はしたけれど、まだ活動に参加したことがない方も、友人と一緒に参加してみたい方も、ぜひお気軽にお越しください。説明会には、学生のこへび隊だけでなく、社会人メンバーや、大地の芸術祭を運営するスタッフも参加予定です。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」はいよいよ来年 2018 年に第7回を迎えます。世界最大級の国際芸術祭を支える、公式サポーター・こへび隊として、活動してみませんか?
海外向けご案内はこちら
≫中文
≫English
こへびサロンとは
2018年の芸術祭を見据え、こへび隊事務局が2017年1月より月に1度開催する、総合ディレクター北川フラムさんとの座談会です。こへび隊同士がお互いに顔を合わせて語ったり、フラムさんの言葉を直に聞いて越後妻有について学んだり、自分にできる何かを見つけたり、集まって何かを創り上げていく場を目指しています。
【PROFILE】
北川フラム (きたがわふらむ)
アートディレクター。1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。東京藝術大学卒業。主なプロデュースとして、「アントニオ・ガウディ展」(1978-1979)、「子どものための版画展」(1980-1982)、「アパルトヘイト否!国際美術展」 (1988-1990)など。地域づくりの実践として、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」 (2000-)、「水都大阪」(2009)、「にいがた水と土の芸術祭2009」「瀬戸内国際芸術祭2010、2013」など。長年の文化活動により、2006年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)ほか多数受賞。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター。
≫詳しいプロフィールはこちら
イベント一覧へ戻る

開催概要

日時

2017年6月14日(水)19:30〜21:00
途中入退場可

料金

無料

下画像:中村脩
イベント一覧へ戻る