越後妻有 大地の芸術祭の里

まつだい「農舞台」三宅信太郎「まつだいを描く」

2017年9月9日 投稿
三宅信太郎がチョークを使い、「黒板の教室」全体をドローイングで埋め尽くします。
公開制作日=10/28(土)、29(日)、11/3(金祝)、4(土)、5(日)、11(土)、12(日)
(画像1枚目)
ライブドローイング「Sitting on a Chair, Eating Bread」 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、東京、2013-2014年
Photo by Kenji Takahashi
(2枚目)
「朝食の街」2014年 acrylic and ink on panel h. 295.5 x w. 395.5 x d. 4.5 cm
(3、4枚目)
ライブドローイング「亞細亞周遊~台北篇」ART TAIPEI 、台北、2014年
Courtesy of Art Taipei 2014
(5枚目)
ライブドローイング「亞細亞周遊~台北篇」ART TAIPEI 、台北、2014年
三宅信太郎

三宅信太郎は1970年、東京生まれ。1996年多摩美術大学絵画科版画専攻卒業。現在も東京を拠点に活動を行っています。 三宅の作品はドローイング、彫刻、パフォーマンスなど、様々な表現形式で1つの世界を構成していきます。厚紙や木に女の子等のドローイングを描いて型取りした「切り抜き」というスタイル、また自身が製作した様々な着ぐるみを着て行うライブドローイングなどのパフォーマンスです。 主な個展に、「VIKING AGE」(Gerhardsen Gerner、ベルリン、13年)、「There are TWO TRUTHS!」 (Gerhardsen Gerner、ベルリン、09年)、「Innocy’s House」(Museum Gugging, Art/Brut Center Gugging、ウィーン、07年)、「Beaver no Seikatsu」(Sandra and David Bakalar Gallery, Massachusetts College of Art、ボストン、マサチューセッツ、06年)、主なグループ展に「NEOTENY JAPAN 高橋コレクション展」(霧島アートの森、鹿児島、08年)、「Berlin – Tokyo / Tokyo – Berlin」 (Neue Nationalgalerie、ベルリン、06年)、「直島スタンダード」(旧床屋、直島、香川、06年)などがあります。小山登美夫ギャラリーでは、03年、05年、08、11、13年と個展を行っています。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2014」では、作品「山頂の街」で「六甲ミーツ・アート大賞」グランプリを受賞しました。

イベント一覧へ戻る

開催概要

日時

2017年10月28日(土)〜2017年11月26日(日)10:00〜17:00
※水曜休館

場所

まつだい「農舞台」ギャラリー
(十日町市松代3743-1)

料金

一般600円、小中学生300円
※まつだい郷土資料館入館料含む
※2017秋共通チケット提示で10月28日(土)~11月12日(日)入場可

画像協力:小山登美夫ギャラリー ©Shintaro Miyake
イベント一覧へ戻る