越後妻有 大地の芸術祭の里

【作品公募】大地の芸術祭2018 展覧会「2018年の<方丈記私記>」

2018年3月16日 投稿
この度は「2018年の方丈記私記」作品公募へのたくさんのご応募、誠にありがとうございました。 厳正なる審査の結果、公募作品について下記の作家による展示プランが選出となりました。
≫公募作品審査結果

3月16日 大地の芸術祭実行委員会事務局

2018年7月末~9 月中旬に開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」(第7回展)では、メイン施設である越後妻有里山現代美術館[キナーレ]にて、展覧会「2018年の<方丈記私記>」を開催します。本展は、「キナーレ」から今秋開館予定の「越後妻有文化ホール」を範囲とした十日町市中心市街地エリアにおける回遊性の強化をはかり、市街地の賑わいを創出するために展開する中心市街地作品群の「発想の起点」となる展覧会です。大地の芸術祭2018における本展覧会に特定した作品を追加募集いたします。ふるってご応募ください。

|項目|

(1)作品公募概要

  • 【審査員】
    原広司(建築家)、西沢立衛(建築家)、北川フラム(大地の芸術祭 総合ディレクター)
  • 【募集内容】
    越後妻有里山現代美術館[キナーレ]にて、展覧会「2018年の方丈記私記」における作品
     ≫パンフレットはこちら
     ≫詳細はこちら
     ≫補足資料はこちら
  • 【提出期間】
    2017 年 12 月 20 日(水)~12 月 25 日(月) 17:00 必着
    持ち込み不可
  • 【入選点数】
    30-40点程度
    (状況に応じて採用作品点数は増減します)
  • 【応募方法】
    事前に出品料1プランにつき1,000円をお支払いのうえ、募集要項に定める提出物を送付してください。(振込先等は募集要項に記載)
    ≫応募用紙はこちら
  • 【説明会】
    日程:2017年11月18日(土)
    時間:17時開始 18時終了
    場所:渋谷ヒカリエ 3F東側デッキ(〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1)
    参加費:無料
    予約:不要
  • 【FAQ】
    ≫FAQ一覧はこちら

(2)公募説明会

<説明会開催概要>
日程:2017年11月18日(土)
時間:17時開始 18時終了
場所:渋谷ヒカリエ 3F東側デッキ(〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1)
参加費:無料
予約:不要

同日同会場の15時からは、公募審査員である建築家・原広司さんと西沢立衛さん、モデレーターとして藤村龍至さんをゲストにお迎えしてのトークイベントもございます。 今回のキーワード「均質空間への疑義」をテーマにお話しいただきます。ぜひご参加ください。

≫トークイベント詳細・ご予約

(3)FAQ

≫FAQ一覧はこちら

(4)審査会

248点もの応募が集まり、2018年1月、審査員による審査会が開催されました。
≫審査会の様子はこちら

(5)審査結果発表

この度は「2018年の<方丈記私記>」展へのご応募、誠にありがとうございました。 お時間をいただいておりましたが、厳正なる審査の結果、公募作品について下記の作家による展示プランが選出となりました。
≫公募作品審査結果

3月16日 大地の芸術祭実行委員会事務局

(5)問い合せ・提出物送付先

〒948-0079
新潟県十日町市旭町251番地17十日町市総合観光案内所内
大地の芸術祭 実行委員会事務局 「2018年の方丈記私記」係
FAX 025-757-2285 e-mail: info@echigo-tsumari.jp

イベント一覧へ戻る

開催概要

日時

2017年11月16日(木)〜2018年2月28日(水)
※上記は公募情報掲載期間/展覧会「2018年の<方丈記私記>」:2018年7月29日(日)~9月17日(月祝)

場所

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

イベント一覧へ戻る