うぶすなの家 ひなまつり 今週末の開催に向け準備中!

妻有日記投稿日:2012年03月07日

NPOスタッフの山田です。


うぶすなの家お母さんたちは、いよいよ今週末にひかえた「うぶすなの家 ひなまつりと植葉香澄展」の準備で大忙し。越後妻有はすっかり雪も落ち着き、春の気配が感じられるようになりました。まだ雪は2m弱積もっていますが、路面には雪がなく、運転しやすくなっています。



室内に入ると・・・奥の座敷では、ひな人形を出しています。どうやらひと箱足りないらしく、あぁでもない、こうでもないとせっせと準備。




そうしてお楽しみの“ひなまつり御膳”の試食会。




ごはんは、笹でくるんだ山菜寿司。緑の山菜が鮮やか+ごまとレンコンのすし飯もいい感じ!地元ではよく使う車麩のフライ(これまた味付けが絶妙!どんな味なのかは・・・お楽しみ)や、お漬もの。お母さんたちが絶賛したメニューは、今、はやりの塩麹で味付けした山菜の和えもの。いつもは三杯酢などお決まりの調理法ばかり・・・なところを、塩麹で和えるだけで新鮮!と。塩麹ももちろん地元産で、地域のお母さんたちが加工所で作った地元産です。


当日は、うぶすなの家でもお買いもとめ頂けます。ちなみに塩麹は、自慢のコシヒカリでつくるよりも、くず米で作ったほうがおいしくなるんだとか。調理法や、素材を使い分けていることが分かります。デザートは、いちご大福に決定。これらをやきものの作家の器にのせて提供します。山菜がたっぷりで、見た目も味も春す満載です。



明日には植葉香澄さんの作品も届いて、あとはお客さまをお待ちするだけです。今週末の天気は今のところ曇りの予報。荒れることはなさそうです。うぶすなの家に一足早い春を感じに、ぜひいらしてください。元気なお母さんたちとお待ちしています!

コラム一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む

古民家オーナー

週末は里山の自然を満喫したい、自分で野菜を育てたい、越後妻有に住みませんか?

参加する