臼田知菜美×八木隆行~芸術放浪記in 会沢~ 雪のスタジアム2013特別展 レポート

妻有日記まつだい「農舞台」投稿日:2013年03月24日

「雪のホワイトキューブを作りたい」
八木さんの一言からこの計画は始まりました。

この土地だからこそ実現できるプランに思考を重ね、、「大地の芸術祭の里」の冬のイベント「 雪のスタジアム」に合わせて臼田さんと八木さんの合作を雪の展示室で発表しようという事になりました。

合作は、臼田さんが会沢集落にお湯をもらいに行き、そのお湯で八木さんがお風呂に入るというもの。

「臼田知菜美×八木隆行~芸術放浪記 in会沢~」

yu1

やかんとポリタンクを持って会沢集落の全戸をからお湯を集めては、八木さんのお風呂へとお湯を注ぐ。

yu2
集落の方も進んでお湯をもらいに行く。


yu3

yu4

yu5

天気に恵まれ向こう岸には黒姫山の美しい景観、ビールに差し入れの煮物でご機嫌の八木さんと、集落の方々。終始和やかな雰囲気で撮影は終了しました。


そして、いよいよ雪の展示室の制作。
プランは、トンネルを潜り抜けると雪の展示室が現れ、さらにもう一つの入口をくぐると農舞台に入りギャラリーへと続く仕掛けのとても不思議な空間です。
協力してくださったのは、八木さんが通う滝沢集落の小林昇二さん。重機である程度形を出してもらい、後は人力!

yu6

yu7

yu8

yu9


こちらは展示室とトンネルをつなげる様子。
「ここを真っ直ぐ掘っていけ」という昇二さんの指示の下、道が交差する点を勘で掘り進んでいく。雪で囲まれた空間は音が吸収され声も届かない。

yu10

yu11

7メートル近くトンネルを掘り進んでいくと、真っ暗な空間にかすかな明かりが。


「貫通~~~~~!!!!」

yu12

勘で掘り当てた先には八木さんのさわやかな笑顔が待っていました。

貫通した後は、納得いくまで美しい空間に仕上げていくのみ。作業は会期前日まで行われました。

yu13

yu14

yu15

yu15

yu16

臼田さん、八木さん、会沢集落、滝沢集落の力が合わさり、芸術放浪記に刻まれた貴重な一ページとなりました。

まつだい「農舞台」ギャラリー 高橋寛