雪のスタジアムに三田村管打団?参上

妻有日記越後妻有里山現代美術館[キナーレ]投稿日:2013年03月31日

上写真 撮影:中村脩


2013年、雪のスタジアムの会場となった越後妻有里山現代美術館[キナーレ]のメインイベントとして行われた「雪の運動会」に昨年に引き続き今年も現れた爆裂系ブラスバンド三田村管打団?。関西中心に活動するメンバーが冬の越後妻有を盛り上げるために遠路はるばるやってきました。リーダー森本アリ氏を中心に総勢16名中11名が吹きすさぶ吹雪の中、楽器が凍りつくまでブカブカドンドン!!

ここで、三田村管打団?についてご紹介。大阪/神戸を拠点とするこの楽団、今は亡き希代のトロンボーン奏者大原裕率いる哀愁漂うブラスバンドLIVE!LAUGH!の若手精鋭を骨格とし、その後、増殖・進化・退化・昼寝・引退勧告・また昼寝・大増殖......等々を繰り返す。そして、生き残ったメンツを顧みれば、関西アンダーグラウンドの屋台骨(管?) を支える輩がずらりと並ぶ。(三田村管打団プロフィールより)

こんなファンキーな一団が今回は越後妻有の冬の名物となった「かんじきダンス」にアレンジを加え十日町市のみなさんとこへび隊で構成された越後つまり管打団(仮)と十日町中学校吹奏楽部と大共演を繰り広げました。

十日町中学校~まつだい「農舞台」編
2013年3月2日13:30。十日町駅西口にその集団はやってきました。リーダー森本アリ氏を中心に総勢11名の楽団がズラリとそろって。
実は今回のスケジュールは非常にタイトでした。着いたその日に、十日町中学校にて、吹奏楽部の皆さん、越後つまり管打団の皆さんとリハーサルがあり、その直後にはまつだい「農舞台」での演奏が待っていたのです。
自己紹介を手短に済ませると、途中越後妻有里山現代美術館[キナーレ] でお弁当をピックアップし、2台のハイエースで十日町中学校へ直行!!中学校到着、顧問の村山先生、古川先生と打ち合わせをしながら、お弁当をたいらげ、すぐさま練習です。十日町中学校の生徒さんたちはちょっと緊張気味でしたが、そこは関西から来た三田村管打団?、すぐにみんなを巧みなトークで引き入れてくれました。

mi1

まずは、みんなで十日町中学校の課題曲いきものがかりのエールを練習。三田村管打団?の自由な音も加わっていつもとちょっと違う楽しげな雰囲気で。

そうこうしているうちに、越後つまり管打団の有志のメンバーとスペシャルゲスト、コンドルズの新見さんも駆けつけ、どんどん盛り上がっていく音楽室。エールの練習を一通り終え、次に翌日のパレードとつまり管打団のテーマ曲になる「かんじきダンス」の練習に移るころにはみんな笑顔で次はどんなことをやるんだろうと興味津々。中学生の皆さんには、それぞれいつもの楽器ではなく音の出るおもちゃや変わった楽器を持ってもらい、三田村管打団?のメンバーが始めるかんじきダンスのリズムに乗ってもらうことに。

mi2

今回かんじきダンスを越後つまり管打団用にブラスバンド編曲をしてくれた河村さんの掛け声に載って始まりました。ちゃっちゃらっちゃちゃちゃちゃ、ずんちゃっちゃ~、ちゃっちゃらちゃちゃらちゃ、ぴー・・・あ、まちがえた・・。はい、実は三田村管打団?の皆さんもかんじきダンス吹くのは初めてだったんです。笑。ちなみに間違えたのはリーダーのアリさん。でもそこはさすがにプロフェッショナル、2回目以降あっという間に覚えてました。

その後は、コンドルズ新見さんの踊りも交じって雰囲気は最高潮。中学生の生徒の皆さんもかんじきダンスが気に入った様子。みんな歌詞の最後の雪を掘る動作を表す「ざっくざく」で大爆笑!

本当にいい雰囲気で、終わらせるのがもったいないと思ってしまうくらい。時間も忘れてもう一回もう一回と練習をしているうちに、まつだい「農舞台」での本番時間にあとわずかになり、あわてて一団は一路まつだい「農舞台」へ。そのころには、町場でも雪がちらほら降り始め、松代付近についたころには大雪になってしまいました。それでもリーダーはやる気満々!メンバー全員まつだい駅にてスタンバイ。17:30になると一斉に吹き始めパレードを開始。

mi3

まずは、まつだい「農舞台」ピロティまでのアプローチをブカブカドンドン!ピロティでは屋台の前に集まっていたお客さんを相手にブカブカドンドン!

ラテン系の楽しげなリズムにお客さんも集まり徐々にのりだしました。こちら三田村管打団?のトレードマークである「キネンジロー」という曲。とってもノリがいい曲で、瀬戸内国際芸術祭のこえび隊の間ではこれに刺激を受けた「こえび管打団」が結成されるほどです。

ひとしきり演奏を楽しんだ後は、高橋匡太氏の作品「Gift for Frozen Village 2013」会場へ。吹雪にも負けずにそのままパレードで会場へ突入!! さきに会場にいたお客さんは、突然の楽団登場に、「え?なんでこんなところで楽器の演奏!?」とびっくりしながらも、その様子に「すごい!かっこいい!!」と感嘆の声!

三田村管打団?は会場内をそれから約40分吹き続け会場に花を添えてくれました。最後、会場を後にするころには全員楽器が凍っていたそうです。 そんなになるまで、会場を盛り上げるために全力を尽くしてくれた三田村管打団?の皆さんには本当に感謝でした。

パレード編
2日目の三田村管打団?は、誰よりも早く十日町駅にスタンバっていました。雪の運動会本番当日。最初の盛り上げを商店街の皆さんと共有すべく、十日町中学校の吹奏楽の皆さんと一緒に総勢30名程で「かんじきダンス」、「でたらめマーチ」を中心に演奏、パレードを行いました。こちらは、ほんやら洞さんからの掛け合いで、商店街の活性化を目指したのはもちろん、雪の運動会のお知らせも兼ねて行いました。

コースは駅の東口から駅前通りを本町に向かって直進、本町通りに当たったところでアーケードを右に曲がり2丁目方面へほんやら洞を折り返してキナーレ方面へという展開です。前日に、セッションを果たし、絆を深めていた三田村管打団?と十日町中学校のみんなはこの日も一致団結!雪がちらつく中でしたが、その雪も熱気で溶けそうな位にブカブカドンドン! すると、商店街のあちこちから人が出てきて、「今日は何があるの?がんばってねー!」と次々に声をかけていただきました。中学生のみんなもこれら初めての体験にびっくりしながらも喜んだ様子でした。運動会前のウォーミングアップに十分な演奏は約30分かけて市街地を練り歩き、市民の皆さんへの周知と賑やかしという役目を果たして無事会場へとたどり着きました。

運動会編

mi5

市街地パレードも無事に果たして、さてさて、ついに本番開始です。パレード終了もつかの間に、さっそく運動会の入場行進です。三田村管打団?を先頭に赤、白、青、紫の4チームが「キネンジジロー」の曲に合わせて入場行進をしました。子供たちはみな手に毛笛をもって、演奏に加えてビービー、ブーブ―音を鳴らしながらの行進でとっても賑やか。負けじと管打団もブカブカドンドン!会場全体が音の波に包まれていました。

mi6

入場行進での演奏を皮切りにこの日も大活躍の三田村管打団?。各競技のBGMからかんじきダンス、エールの演奏、青組応援合戦、表彰式と開始から閉会までアクセル踏みっぱなしでイケイケどんどん!本当に、タフな皆さんでした。最後はみんなでビールでかんぱーい!本当にお疲れ様でした。また、来年もよろしくお願いします。というわけで、今回見逃してしまったみなさんは是非次回に。越後つまり管打団も継続して活動いたします。一緒に盛り上げていきましょう。

mi7

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
庄司秀行