「トペラトト プロジェクト」始動!!

絵本と木の実の美術館投稿日:2014年01月23日

絵本と木の実の美術館、スタッフの天野です。冬眠中の美術館から、ほっとなお知らせです!

それは2013年の秋深まる季節、「トペラトトの踊り」がCDになる!という知らせが飛び込みました。

まず「トペラトト」とは、絵本と木の実の美術館の空間絵本に登場するオバケのこと。子ども達のおしゃべりや思い出を食べて生きています。愛想の良いオバケですから、子どもたちにも大人気です。

そして、「トペラトトの踊り」とは、あの!「でんでらりゅうば」でおなじみの世界的なシンガー「おおたか静流さん」が作曲してくださった知られざる「名曲」なのであります。振り付けもあります。

この、名曲「トペラトトの踊り」を、新しいCDに入れるとのお話しなのです。ついに、トペラトトも世界デビューであります!
そしてそして!あの!!世界的なサックス奏者である梅津和時さんと梅津さん率いるグループ「こまっちゃクレズマ」のみなさんが全面的に参加するとの大事件に発展しました。

そしてそしてそして!!元気な鉢の人たちの魅力が伝わって、鉢の人たちの歌声や地元の子どもたちの声もレコーディングすることになりました。夢に描いていた出来事が現実になるようで、感謝と緊張とが入り交じる年越しとなり、、、

新年明けて、最大級の寒波が日本を覆う中、おおたか静流さん、梅津和時さん、こまっちゃクレズマ」のみなさんが大雪のなか鉢に到着しました。

おおたか静流さんは、鉢の恒例行事「小正月」にも参加してくれました。

そしてついに、レコーディング当日!
絵本と木の実の美術館のハチカフェがレコーディングスタジオと化し、世界的なミュージシャンが、鉢で、新たな音楽の誕生のために大集結です。

tobe5      tope6

「トペラトトの踊り」と書かれた譜面ができていて、壮大なイメージに曲が成長していました。

tope2

鉢のばあちゃん、鉢の若手が集まり、その声が記録されます。 これは一生の宝になります。

tope1

夜9時、無事にレコーディングが終了。この冬一番の冷え込みとなり、気温は「-7℃」。空は満点の星空、道も雪原も星のようにキラキラと輝いていました。

tope4

夢が現実となり奇跡となりました。小さな村で起きている、大きな夢のプロジェクト。これからも、この「トペラトト プロジェクト」を随時お知らせしていきます。

絵本と木の実の美術館 天野季子

コラムをもっと読む