まつだい棚田バンク日記 清水の田んぼ

妻有日記投稿日:2014年06月08日

清水集落は約14世帯からなる集落で農家世帯も数世帯という集落で、民家は山の高いところにありますが、田んぼは山間にまとまっており、上から眺める展望のよいところです。



2011年の長野北部地震により大崩落をした棚田ですが、現在は復旧をし、幾何学的な棚田が広がっています。 大地の芸術祭でも川俣正さんのCIANや、棚田の展望台付近ではリチャード・ディーコンのマウンテンという作品もありとても面白い場所です。

5月31日(土)、晴天。一昨年より交流のある富士通総研の方たちが有志で集まってくださいました。大人と子供合わせて20名程度。清水小学校で車を乗り換えて、スギの木の間の農道を一気に下っていくと急斜面に広がる棚田。今回はその中の2枚の小さな田んぼを田植え。





田んぼの泥に、泣いてしまう子もいましたが、途中現れたトノサマガエルや巨大なモリアオガエルなどに子供達は釘付け。



休憩をはさんで、裸足で田植えをする猛者も。田んぼの泥は裸足で踏み入れるとひんやりして気持ちいい。

田植えのあとは地元の集落センターでのんびり交流会。地元の方の一品料理が最高に美味しい。ぜんまい、アスパラ、ふき等。



普段出来ない体験をしてみんな喜んでいました。

まつだい棚田バンク 竹中想

コラム一覧へ戻る

竹中 想

まつだい棚田バンク担当。24時間365日、田んぼのことで頭がいっぱい!? な妻有スタッフきっての肉体派。

この作者の記事を読む

参加する