蔡國強さん:越後妻有にて構想を練る

妻有日記投稿日:2015年03月06日

中国を代表するアーティスト・蔡國強さんが、大地の芸術祭2015で個展が開催される越後妻有里山現代美術館[キナーレ]を訪れました。現地のスケール感を確認しつつ、作品のディティールを構想中。



そして、降りしきる雪の中、伝統民芸品の藁細工を作られている、室岡辰男さんのお宅をご訪問。







「ねこつぐら」や「鍋敷」「藁くつ」などを制作する様子を見せていただきました。こうした藁細工を作ることができる方は、とても少なくなってしまいました。室岡さん、貴重な機会ありがとうございます。

蔡さん、何かおもしろいことを思いつかれたようです。さてさて、作品にどのように反映されるのでしょうか。ご期待ください。