8月15日に今年4回目のモリアオガエルクラブを開催します

投稿日:2016年07月28日

今夏は瀬戸内国際芸術祭の第3回目の夏版が行われていて、(これが実に面白くなりそうですが)私は瀬戸内に入りっぱなしですが、故郷高田で母の初盆を迎えることもあり、お盆には越後妻有に滞在し、8月15日の9時から今年4回目のモリアオガエルクラブを挙行します。「挙行」と大げさに言うのは、前回7月3日はザアザア降りのなか、初めてのブナ林を松山金一師について、太平に至る旧松之山街道、上杉謙信の関東行、或いは戊辰の役の石碑なども尋ねながら廻ったからでした。雨の中のブナ林。それはもう素晴らしい無声の静寂のなかでの体験でした。





まずは最初にオトシブミに出会える幸運があり、アメリカ外来種のオオハンゴンソウを駆除したり、豪雪に耐えた根曲がりブナの説明を聞いたり、時々あるブナの大木は敷地境界であることを教えてもらったり、歴史散歩的にも面白く、毎回参加する子どものグループも楽しんでいて、雨もまた愉しからずや、と報告し、次回へのお誘いと致します。新潟県の花、雪椿の魅力もよくわかったことでした。





北川フラム

≫8月15日(月)の「モリアオガエルクラブ」の詳細・申込はこちら