「オーストラリア・ハウス通信」 第1号 創刊

妻有日記投稿日:2017年01月25日

新潟県十日町市浦田に立つ「オーストラリア・ハウス」は、「大地の芸術祭」で育まれたオーストラリアと越後妻有との絆によって生まれた日豪文化交流の拠点です。

2009年に古民家を改装してできた初代オーストラリア・ハウスに続き、2012年にはオーストラリアの建築家アンドリュー・バーンズ設計による新生オーストラリア・ハウスが震災復興の象徴として建設され、 この間、オーストラリア政府・機関,地区住民やサポーター等の支援を受けながら多くのオーストラリアからのアーティストが滞在し、交流を続けてきました。

この度、「オーストラリア・ハウス通信」を年1回程度発行していくことになりました。

この地に「オーストラリア・ハウス」があることの意義や活動の様子、ユニークな浦田の方々との交流の様子などをこの通信でお知らせすることを通して、 多くの方が「オーストラリア・ハウス」に親しみや興味をもってくださり、日豪文化交流がより一層深まっていくことを願っています。 「オーストラリア・ハウス通信」をどうぞよろしくお願いいたします。

▼ダウンロードはこちら


オーストラリア・ハウス
ボランティア・コーディネーター
荒川洋子