島袋道浩と行く豪雪の秘境秋山郷ツアー

妻有日記投稿日:2018年02月19日

1月13日14日に「大地の芸術祭2018参加作家島袋道浩と行く豪雪の秘境秋山郷ツアー」が開催されました。

アーティストの島袋道浩さんは、今夏開催される「大地の芸術祭2018」の参加作家です。2016年からリサーチのため、秋山郷に何度も来訪される中で、特に昨年の冬、秋山郷の雪を体験された際に、この雪こそがアートだと感動され、夏の芸術祭以前に冬の秋山郷も沢山の方に知って貰いたいと、一緒に今回のツアーを企画しました。

そもそも秋山郷とは、新潟県中魚沼郡津南町と長野県下水内郡栄村とにまたがる中津川沿いの地域の名称で、東を苗場山、西を鳥甲山に挟まれた山間地域で、日本の秘境100選の1つに選ばれています。世界有数の豪雪地帯ならではの、特異な文化が今でも残る地域です。

最初はどれくらいの方に集まっていただけるか心配でしたが、最終的に東京、千葉、埼玉、石川、新潟等から総勢22名のお客様に参加いただきました。

1月13日まずは越後湯沢駅に集合し、皆でバスに乗っていざ豪雪の秘境秋山郷へ! まずはバスの中で越後しなのがわバル特製のお弁当タイムです。この地域で育った色とりどりの食材を使った和風創作料理に舌鼓を打ちます。

ちょうどお腹も満たされた頃に、秋山郷に到着! まずは結東集落の方々の指導の下、かまくら作りです。皆で協力して、一般的なかまくらとは少し違う、秋山郷ならではのかまくらを作ります。しかも滑り台付き! 大人はかまくら作り、子どもは滑り台で遊びます。皆で代わる代わる掘り続けて、やっとの事で完成!! 集落の方々に協力していただき、とっても大きなかまくらを作ることができました。

かまくら作りが終われば、結東集落内にある名所。揺れる吊り橋「見倉橋」に向かいます。「見倉橋」は映画やドラマの撮影地になった事もある、秋山郷を代表する景勝地です。普段、降雪期には沢山の積雪があり簡単には行けないのですが、この日のために集落の方々が除雪をしてくれたおかげで、皆で無事渡る事ができ、とても貴重な体験となりました。
除雪をしていただいた集落の皆さんありがとうございました!

1日目の野外プログラムは終了し、津南町の旅館、雪国さんに戻り、夕食を食べて、本日最後のプログラムはアーティスト島袋さんによるレクチャーです。
今までのご自身の作品について、秋山郷について、今夏の大地の芸術祭についての話等ざっくばらんにお話がありました。今年の大地の芸術祭が楽しみになってきました!

2日目の午前中は雪国さんの集落で行われた、小正月行事に参加させていただきました。そして午後は結東集落の小正月行事へ。結東集落の小正月行事には少し変わった風習があり、祭った中央のドウロクジンに向かって沢山のお賽銭を撒きます。皆さんそれぞれで用意したお賽銭をまき今年の無病息災を祈りました。

盛り沢山の2日間でツアーに参加された皆さんには、豪雪の秘境を楽しんでいただけたのではないでしょうか。今年の『大地の芸術祭2018』には秋山郷で島袋さんの作品展開も予定されています。
皆様ご期待ください。

夏の秋山郷でも沢山の方にお会いできる事を楽しみにしております。

秋山郷結東温泉かたくりの宿スタッフ 渡邊泰成

コラム一覧へ戻る

かたくりの宿 渡邊泰成

「秋山郷結東温泉かたくりの宿」管理人。秋山郷の豊かな自然に魅せられ、夫婦でこの地に移り住む。趣味は山登りと絵を描くこと。

この作者の記事を読む