モリアオガエル倶楽部便り2018①

北川フラムまつだい「農舞台」投稿日:2018年07月06日

いよいよ7月、今月29日から7回目の「大地の芸術祭」が始まります。
モリアオガエル倶楽部も「しまっていきまっしょい!」

今年は4月28日と6月2日に行われました。
画期的だったことに、この2回、高野ランドスケーププランニング株式会社の高野文彰さん達が参加してくれたことです。
松山金一師父のもと、4月は「山野草の天ぷらを食べる」、6月は「陽当たりをよくするために杉の木を伐る」という活動をしました。
今年は大平理恵(進行)と寺戸愛海(記録)が担当します。今までつないでくれた竹中想さん、三輪真弓さんありがとう。お二人には今後とも先輩として加わってもらいたいです。

さて、7月7日に今年3回目のモリアオガエル倶楽部が行われます。
9時15分から2時間程度、ブナ林の散策をテーマにブナ林の植物や生き物を観察します。
里山歩きから始まったモリアオガエル倶楽部の活動は少しずつ進化し、地元と来訪者でゆたかな里山の、言わばフィールドミュージアムを作っていく気運が生まれてきました。
みなさん奮って参加して下さい。

北川フラム

≫7月7日(土)の「モリアオガエル倶楽部」の詳細・申込はこちら

モリアオガエル倶楽部、4月の記録はこちら
モリアオガエル倶楽部、6月の記録はこちら