まつだい棚田バンク田植えイベント2019レポート

妻有日記投稿日:2019年06月16日

ここ数年、天候の変化が激しく、水の確保が大変ですが、今年もまつだい棚田バンクの田植えは大勢の方にお越しいただき、無事、開催することができました。

6月1日・2日にお日様の下で約200名の参加者と共に私たちが管理している約170枚の圃場のうちの8枚の山奥にある田んぼを植えました。

今回の田植え方法は紐植え。 写真のように紐を目印に植えていきます。 隣の人や合図をかけてくれる地元農家と息を合わせないとなかなか綺麗に植わりません。

みんな横一列になり後ろに下がりながら植えていきます。「よーしいいーぞー」地元の方が声をかけます。 「あー、まだ待ってー」早く植えすぎると待ったがかかります。 早くは植えられませんが、みんなで一緒に植え終わった時は達成感が湧いてきます。

夜は奴奈川キャンパスで交流会。 クレイジーキッチン監修の手織り寿司をまつだい棚田バンクのお米でいただきます。 地元のおかあさん達も山菜の天ぷらをこしらえてくれました。 途中、餅つきも織り交ぜて、地元農家、里親みんなとても盛り上がりました。

田植を終えたら今度は草刈。ぜひ、7月13日(土)開催です。里親になってみんなで参加しよう!
≫草刈イベント詳細・お申込みはこちら

まつだい棚田バンク スタッフ 竹中想

コラム一覧へ戻る

竹中 想

まつだい棚田バンク担当。24時間365日、田んぼのことで頭がいっぱい!? な妻有スタッフきっての肉体派。

この作者の記事を読む

関連するイベント