絵本と木の実の美術館 田島征三のおもしろ魅力満載、作品特別展示販売会

絵本と木の実の美術館投稿日:2019年10月11日

今年で10周年を迎える鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館は、過去にたくさんの企画展を行い、企画展終了後、役目を果たした作品の一部は、美術館の片隅に静かに保管されていました。

今回、この作品たちに、もう一度華やかな見せ場を作ることはできないかと企画したのが、この展示販売会。
普段お目見えしない秘蔵作品も加わり、10周年にあわせたスペシャルで絵本と木の実の美術館でしか、できない販売会となります。

【作品群の紹介】

①2015年秋 絵本作家・あべ弘士さんとの展覧会で使った作品の一部。造形がおもしろい板作品。

②2017年春夏 絵本と木の実の美術館のアンバサダーのおおたか静流さんと廃材打楽器演奏者の山口ともさんとの展覧会で作られたのぞき穴の絵など。

③2017年秋 アーサー・ビナードさんとの展覧会で制作した、マムシ女や「ゆ」をデザインした暖簾。額に入れてしまいました。
④年代不明 流木作品など。

⑤年代不明 田島さんが、信楽青年寮の人たちと一緒に作った陶板。

観てるだけでも楽しい展示販売会となっています。

また、7/27に発売した田島さんの新作絵本、田島征三『ヒミツのかいだん』の原画展もあわせて開催中です。

旧真田小学校が舞台になって繰りひろげられ、実際にある学校の階段から展開する不思議な物語。

昔、真田小学校に通っていた人から聞いた実話を参考にして、田島さんが描き上げました。どの階段なのか実際に絵本と木の実の美術館の中を探してみてもおもしろいです。

この秋もノンストップで絵本と木の実の美術館はがんばります。

10/13の絵本と木の実の美術館「ナイトミュージアム
11/4のオッタマビックリ!ヒネモス大演奏会もお楽しみ!

ぜひ、お越しくださいませ!

絵本と木の実の美術館スタッフ 三輪真弓

田島征三作品特別展示販売会 概要

日時:9月21日(土)〜1月24日(日)
開館時間:10:00〜17:00
    (10・11月は16:00、入館は閉館の30分前まで)
場所:絵本と木の実の美術館(新潟県十日町市真田甲2310-1)
料金:大人800円 小・中学生300円 幼児無料
    (秋会期中は、共通チケットがご利用できます。)
  ≫詳細はこちら

関連するイベント