トップ  >   巡る  >   モデルコース  >   はじめての越後妻有。主要作品をめぐる!

はじめての越後妻有。主要作品をめぐる!

対象
はじめて越後妻有を訪れる方。主要な施設をおさえておきたい方。
始点/終点
越後湯沢駅/越後湯沢駅
交通手段
季節
春~秋

はじめての方におすすめの、越後妻有の主要施設を日帰りで楽しむコースです。(東京から越後妻有までは車で約4時間。越後湯沢駅からレンタカーもできます。)

ポチョムキン

フィンランドのカサグランデ&リンターラ建築事務所による作品。庭園を思わせる空間の中で、近くを流れる川のせせらぎがきこえてきます。

※住所:十日町市倉俣小学校(新潟県十日町市倉俣甲1650)近く

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

越後妻有の地域や自然、民俗、地形などをテーマとした、体験型のミュージアム。大地の芸術祭のグッズが購入できるミュージアムショップもあります。

※住所:新潟県十日町市本町6丁目/TEL 025-761-7767
入館料:大人800円、小中学生400円(企画展開催中は変更あり)
開館10:00~17:00、水曜休館(祝日の場合は翌日)

越後しなのがわバル(キナーレ内)

作品鑑賞の後はこちらで早めのランチを。地元の新鮮な食材をふんだんに用いた、自然味あふれる力強い創作料理が楽しめます。

光の館

ジェームズ・タレルによって陰影礼賛をモチーフにつくられた日本家屋は、どこを切り取っても絵になる美しさ。 部屋の真ん中に寝転がって、刻々と変わる空を眺めます。

※住所:新潟県十日町市上野甲2891
入館料:中学生以上500円、小学生250円
見学時間:11:30~15:30(211月からは15:00)、不定休

絵本と木の実の美術館

廃校になった小学校を舞台に展開する空間絵本の世界。最後の在校生3人を主人公に、奇想天外な物語が展開します。入館料:大人500円、小中学生250円(企画展開催中は変更あり)

※ 新潟県十日町市真田甲2310-1/TEL:025-752-0066
開館10:00~17:00、水・木曜休館(祝日の場合は翌日) ※2015年4月25日(土)~11月30日(月)まで開館

まつだい「農舞台」・まつだい郷土資料館

まつだい「農舞台」は、オランダの建築家グループMVDRVにより設計。 館内のレストラン「越後まつだい里山食堂」では体に優しいお茶やスイーツも楽しめます。 雪国の暮らしを紹介するまつだい郷土資料館も併せて見学できます。

※住所:新潟県十日町市 松代3743−1/TEL025-595-6180
共通入館料:大人600円、小中学生300円
開館10:00~17:00、水曜休館(祝日の場合は翌日)

「森の学校」キョロロ/美人林

ブナ林、棚田、茅葺屋根といった雪国ならではの里山のど真ん中にある小さな科学館です。

※住所:新潟県十日町市松之山松口1712-2/TEL 025-595-8311
入館料:大人500円、小中高生300円
開館9:00〜17:00、火曜休館(祝日の場合は翌日)
キョロロに隣接する、ブナの木の立ち姿が美しい「美人林」もあわせて散策。

≫ガイドマップ(PDF)はこちら

> 里山のガイドマップPDFをダウンロード

 

このコースの行程表

10:00 越後湯沢駅でレンタカー
20分
10:35 作品見学(15分)ポチョムキン
30分
12:30 作品見学、昼食、買物(85分)越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
15分
13:15 作品見学(30分)光の館
15分
14:15 作品見学(45分)絵本と木の実の美術館
20分
15:35 作品見学、買物など(60分)まつだい「農舞台」
20分
16:55 作品見学、美人林散策(60分)「森の学校」キョロロ 
45分
17:40 越後湯沢駅着

その他のモデルコース