鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館

山と山に囲まれた場所に鉢という集落があります。その中心にある小学校は廃校になり、集落の人々と絵本作家・田島征三によって小さな美術館になりました。カラッポになった校舎を舞台に、最後の在校生と学校に住みつくオバケたちとの物語が、絵本『学校はカラッポにならない』となり、その物語が校舎いっぱいに広がります。体験型の“空間絵本”美術館として、訪れる人を楽しませています。みんなの笑い声を食べるトペラトト、夢をぺしゃんこにするドラドラバン。学校にひそむたくさんのオバケたちに会いにきませんか?

親子で一日遊べる美術館

校舎の中にはおもしろい教室がたくさん。くさむらの教室、寝っころがって絵本が読める教室、グッズショップもあり、教室はイベントスペースとしても使用されます。春~秋には、絵本作家による原画展などを開催。

にぎやかなコンサートやライブなどイベントも充実

年に数回、ゲストを招いてコンサートやライブを開催。親子で参加できるワークショップもあります。その他、秋祭り、秋の収穫祭、雪祭り等、それぞれの季節に行われる集落の行事と関連したイベントも開催しています。

周辺地図

マップを拡大すると施設周辺の詳細が確認できます

施設情報

営業時間

4月~9月 10:00~17:00 、
10月~11月 10:00~16:00、
水木……休、
(11月末~4月下旬休館)
※芸術祭期間中は、
10:00〜17:30、無休

電話番号

025-752-0066

住所

〒948-0111
新潟県十日町市真田甲2310-1

入館料

大人800円、小中学生300円

公式サイト

http://ehontokinomi-museum.jp

施設内紹介