うぶすなの家

茅葺き民家を「やきもの」で再生した、レストランとしてもアート作品としても人気のあるうぶすなの家。温もりのあるやきものと茅葺民家のうぶすなの家でついにこの春から宿泊利用が始まります。日本を代表する陶芸家たちが手掛けたいろり、かまど、洗面台、風呂、そして地元の食材を使った料理を陶芸家の器で提供するレストランと、2階は3つの茶室から成るやきものの展示空間。 都会の喧騒から離れた集落で地域のお母さんの料理やおもてなしをご堪能ください。
※会期中のお食事のご利用は、こちらをご覧ください。

  • 宿泊受付期間:2018年4月1日~10月31日
    ※芸術祭会期中は宿泊不可
    ※宿泊希望日の7 日前までにご連絡ください。日によってはお受けできない場合がございます
  • 料金:お一人様 25,000円(2食付き)
  • 定員:2~3名様まで(1泊1グループ限定)
    ※小学生以下の方のご宿泊はご遠慮いただいております
  • 利用案内:コチラ
  • 予約方法:申込書をダウンロードし、メール又はFAXにてお申込(宿泊希望日の7日前まで)
  • 周辺地図

    マップを拡大すると施設周辺の詳細が確認できます

    この施設で展示されている作品を見る

施設情報

営業時間

宿泊受付期間:2018年4月1日~10月末
※芸術祭会期中は宿泊不可

電話番号

025-761-7767(「大地の芸術祭の里」総合案内所)

住所

新潟県十日町市東下組3110

予約