NPO法人越後妻有里山協働機構

NPO法人越後妻有里山協働機構は、「大地の芸術祭」で生まれた作品や施設、プロジェクトを通年事業として運営し、越後妻有を魅力ある地域にしていくために設立されました。地元出身者や県内外からの移住スタッフで構成され、3年に1度の芸術祭はもちろん、合間2年間の作品メンテナンス、企画展・イベント・ワークショップの開催、農業、ツアーの実施、グッズやお米の販売、食宿泊施設運営、それら全ての広報や誘客促進を主な業務とし、地元の方々や作家、こへび隊、地元サポーターの皆さんに助けられながら従事しています。

「大地の芸術祭」によって地域・世代・ジャンルを超えたネットワークを育み、越後妻有の未来につなげることで、第一に、住民がいきいきと暮らすこと、第二に、地域の働く場所が増えること、第三に、価値観や境遇の異なる人々が共存できる地域にしていくことを目標にしています。


  • 団体名 :NPO法人越後妻有里山協働機構
  • 設立  :2008年7月
  • 理事長 :若井明夫
  • 副理事長:高島宏平
         (オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長)
         北川フラム
         (株式会社アートフロントギャラリー代表取締役会長)
  • 事業内容:「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の運
          営、恒久作品の維持管理、通年誘客プログラムやツア
          ーの企画運営、食宿泊施設の運営、グッズ販売、まつ
          だい棚田バンク運営 他
  • 従業員数:約30名(2018年12月現在)
  • 事業所 :越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
         〒948-0003 新潟県十日町市本町6-1-72-1

         まつだい「農舞台」
         〒942-1526 新潟県十日町市松代3743−1

大地の芸術祭の里とは

雪花火&雪アート

大地の芸術祭の里とは