作品公募要項 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2012 公募B

募集2012芸術祭投稿日:2011年6月24日

公募B: 滞在制作アーティスト公募


東アジア芸術村

津南町上野地区にある「東アジア芸術村」に滞在制作し、地域交流活動および、芸術祭参加の制作・展示をするアーティストを募集します。


作品の展示場所は東アジア芸術村周辺の自然、里山、空家等が対象となります。


応募資格

日本、中国、韓国、北朝鮮、モンゴル、香港、台湾など東アジアに在住もしくは国籍を持つ方で、2011年12月までに視察来日でき、集落で制作滞在し、地域と協働できる健康な方。年齢不問。


提出期限

2011年8月15日〜31日 18:00必着


募集人数

1〜3人(状況に応じて採用人数は増減します。)


審査員

大地の芸術祭実行委員会


*越後妻有アートトリエンナーレ2012への参加(当選者には、滞在場所・制作場所の貸与と、滞在&制作補助として50万円〜250万円が支払われます。)


渡航費補助:上限25万円(2回分)


(海外:自宅の最寄りの空港から成田・羽田空港、十日町駅まで/国内:自宅の最寄り駅から十日町駅まで)
作家が日本に到着してからの支払いとなります。
ビザが必要な場合は自己負担となります。


制作活動費補助:上限205万円


材料費、交流プログラム経費、調査費、移動費、徴収費など、主催が必要と認める展示に関わるその他一切の経費



制作場所の貸与:使用規定を守ること


住居貸与:使用規定を守ること。共同生活。最低限の家具、電化製品あり。水道・ガス・電気代は月合計3万円を上限として主催者が別途負担。この金額を超えた場合は作家が超過分を負担する。作家以外の滞在に関しては、主催者の了承を得た上で一人一泊3000円を主催者に支払うものとする。


著作権など

*プランの著作権は応募者に帰属します。
*原則として採用作品の所有権は主催者に帰属します。
*プランのドローイングや作品の写真は、越後妻有アートトリエンナーレ2012のガイドブック、パンフレット、記録集をはじめとする印刷物、ウェブサイト、プレス告知など、実行委員会が必要と判断した広報物に無償で使用させて頂きます。



公募Bの詳細はこちら
公募A及びBのよくある質問はこちら
公募視察ツアーで配布した資料はこちら

お問い合わせ先


〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA棟
アートフロントギャラリー 「大地の芸術祭2012」公募係


Email: .(JavaScript must be enabled to view this email address)

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む