作品公募要項 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2012 公募C

募集2012芸術祭投稿日:2011年6月24日

公募C: 設計提案公募


オーストラリア・ハウス

日豪交流の拠点として、オーストラリア人アーティストの滞在、制作、発表や日豪交流プロジェクトを行える、防災性や環境に十分配慮した設計案を募集します。


オーストラリアと日本の文化を感じさせ、住居、アトリエ、地域拠点、展示施設、そしてアートを、コンパクトな建物に統合した提案を期待します。


応募資格


個人、企業、グループの何れでの応募も可とします。建築士などの有無も問いません。ただし、応募代表者もしくは応募グループのメンバー内の1名以上が、1)オーストラリア国籍を持つ、2)オーストラリアの永住権を持つ、3)3年以上オーストラリア国内に在住したことがある、のいずれかに該当する必要があります。



提出期限

2011年9月15日 18:00(日本時間GMT+9:00)必着


審査員長

安藤忠雄(建築家)



審査員

トム・ヘネガン(建築家/東京芸術大学美術学部建築科教授/元シドニー大学建築・デザイン・都市計画学部長) / 北川フラム(大地の芸術祭総合ディレクター)



事業概要

(1) 事業主体:「オーストラリアハウス再生委員会」



(2) 計画予定地:新潟県十日町市浦田7577 敷地面積1030.84㎡


(3) 建物概要:名称:オーストラリア・ハウス
用途:住居・アトリエ・展示施設 / 規模:130㎡以内、地上2階建以内


(4) 計画予算:総工事費:上限20,000,000円(税込) 外構を含む。アート制作・設置費は含まない。
設計・監理報酬:上限2,500,000円(税込) 設計・行政手続・現場監督料を含む。当選者がすべての業務を行わない場合の報酬については、別途参照。


応募作品の取り扱い

*応募提出されたパネル、書類等は返却されません。
*本公募で提出された作品に関する著作権は、応募者に帰属します。
*主催者は、本公募に関する公表、展示その他主催者が必要と認めた際には、提案パネル、書類を無償で使用できるものとします。



公募Cの詳細はこちら
公募Cのよくある質問はこちら

後援:在日オーストラリア大使館
協賛:十日町市/社団法人 海外と文化を交流する会/豪日交流基金/在日オーストラリア大使館


お問い合わせ先


〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA棟
アートフロントギャラリー 「大地の芸術祭2012」公募係


TEL:03-3476-4868 / FAX:03-3476-4874

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む