大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 主なプロジェクト7

プレス向け2012芸術祭投稿日:2011年11月1日

企業・団体とのコラボレーション・プロジェクト



日本大学、東京綜合写真専門学校、京都精華大学などの学校等が越後妻有の事業に継続的に関わり、地域の方々と深く関わってきました。また、数多くの企業や財団がネーミングライツや協賛、助成など、様々な形で支援、協働してきました。これらの継続プロジェクトに加え、新たなコラボレーション・プロジェクトが始まります。



KEEN HOUSE



アメリカ発祥のアウトドアシューズブランドのKEEN。まつだい棚田バンクの企業オーナーをきっかけに、越後妻有林間学校のスポンサーシップにも取組み、第5回展では地域活性化、環境保全、アウトドアとアート・里山の融合に取り組むべく、津南町の空家を活用し、KEENのもつネットワークで様々な人々が集うプラットフォームをつくります。企業、ブランドの新しい在り方を越後妻有で実践・発信する試みです。



臨床美術学会



子供たちから、社会人、高齢者まで広く健康で心豊かな社会の創出を目的とし、創作活動を通して五感を刺激し、脳を活性化させ、感性の覚醒や回復を目指す「臨床美術学会」。第5回展では、展示やワークショップを行うとともに、国際的な学会が開催されます。豪雪地に生きるお年寄りの知恵を継承し、多様な人たちが集い共に学びあう「私の学校」「夏耕冬読」を目指す越後妻有において、本格的な学会の誘致が始まります。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む