大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ:作品鑑賞パスポート 発売

プレス向け2012芸術祭投稿日:2012年6月4日

大地の芸術祭実行委員会は、開催まであと約50日となる6月13日(水)より「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」の作品鑑賞パスポートの販売を開始します。

越後妻有(新潟県十日町市・津南町)は、「人間は自然に内包される」を基本理念にかかげた大地の芸術祭が2000年にスタートしてから現在にいたるまでの時間を経て、約160点のアート作品と地域資源を活かした個性豊かな施設が点在する地域となりました。大地の芸術祭は、多くの人々を受け入れ育んできた里山において、縄文期以来の自然と人間のかかわり合いを見つめ、厳しい条件のなかで米づくりをしてきた祖先やそこに営まれてきた濃密な集落やコミュニティに学び、創る人と地元住民の協働、空間を息づかせる制作というアートがもつ力を信じて企画されてきました。

この夏いよいよ第5回目を迎える大地の芸術祭では、「地域全体がミュージア ム」となった越後妻有を巡るにふさわしい、大地の芸術祭のクリエイティブディレクタ−を務める佐藤卓氏がデザインした作品鑑賞パスポートが誕生します。「大地の芸術祭を巡る心得」に始まり、作品巡りがより楽しくなるスタンプラリーページ、作品鑑賞パスポートを提示すると様々なサービスや特典を受けられる施設や割引となるイベントの一覧も一目で分かる内容です。また、旅の思い出を記載できるメモページも充実した仕様になっています。


佐藤卓 クリエイティブディレクターのコメント

黄色い手帳。
一瞬でわかる、そして移動中もさらに見やすく、後々思い出として保存できるようにシンプルな手帳型にしました。この黄色い手帳が、越後妻有で視覚的な合言葉になることを願っています。




大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 作品鑑賞パスポート

一般:当日3,500円(前売3,000円)
高校・専門・大学生:当日3,000円(前売2,500円)

前売販売は、2012年7月28日(土)まで。
発売開始:2012年6月15日(金)
*渋谷ヒカリエで開催される「大地の芸術祭開幕直前展」にて、6月13日(水)〜25日(月)まで限定先行販売開始

販売場所:
十日町市本町分庁舎(大地の芸術祭実行委員会事務局)、十日町市役所本庁舎(会計課)十日町市役所各支所地域振興課、各地区公民館、まつだい「農舞台」、津南町役場地域振興課 ほか



本リリースのPDF版はこちら
ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む