アントニー・ゴームリー氏、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞

お知らせ投稿日:2013年10月15日

絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の各分野で、世界的に顕著な業績をあげた芸術家に毎年授与される高松宮殿下記念世界文化賞の2013彫刻部門を、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2009で「もうひとつの特異点」を手がけたアントニー・ゴームリー氏が受賞しました。授賞式は、10月16日(水)に行なわれます。

過去には、以下の大地の芸術祭参加アーティストが同賞を受賞しています。
2006 絵画部門 草間彌生
2006 彫刻部門 クリスチャン・ボルタンスキー
2008 彫刻部門 イリヤ&エミリア・カバコフ

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む