オーストラリア・ハウス  アーティスト・イン・レジデンスプログラム2014冬 参加作家の滞在日程・関連イベント決定

お知らせ投稿日:2014年2月17日

NPO 法人越後妻有里山協働機構(新潟県十日町市)は、2015 年夏に開催予定の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015(以下、第6 回 大地の芸術祭)」に向け昨年夏よりオーストラリア・ハウス(新潟県十日町市浦田)で、アーティスト・イン・レジデンスプログラムを開始しました。
オーストラリア・シドニー出身の参加作家Heidi Axelsen (ハイディ・アクセルセン) 、Hugo Moline(ヒューゴ・モリーン)、Nathan Hawkes(ネイサン・ホークス)3人の冬の滞在日程、関連イベントの概要が決定しました。
参加作家のプロフィール等はこちらをご覧下さい。
自然と人間により長い年月をかけ育まれた越後妻有の里山の暮らしや知恵を、地元住民との交流や自らの滞在体験中にうまれる「言葉にたよらない会話」を通じて吸収し「地元の材料や技術を活用した、懐かしいようなでも見たこともないような繊細な空間をつくりたい」という提案をもつ彼らが、昨年夏に続き、深い雪に覆われる厳しい冬の越後妻有に滞在し、里山の自然や人々の暮らしにふれ、浦田地区住民との交流を通して得たものを、彼らのプロジェクトにこれからどう生かしていくかどうぞご期待ください。また期間中に行われる交流イベントに浦田地区はじめ多くのみなさまから参加していただき、彼らと実際に交流しながらプロジェクトに関わっていただければ幸いです。

●参加作家滞在日程・内容:
滞在期間:2014年2月22日(土)~3月7日(金)
浦田地区、オーストラリア・ハウスに滞在し、地区住民との交流や滞在体験を通して、第6回大地の芸術祭で発表するプロジェクトのためのリサーチ、ワークショップ、準備活動等を行います。

●関連交流イベント:
オーストラリア・ハウス -雪のワークショップ&交流会-
浦田地区青年団の発案で、アーティストとの冬の交流会を行います。
現在真夏の南半球オーストラリア・シドニーから来る3人のアーティストそして浦田地区のみなさんと、雪に囲まれたオーストラリア・ハウスで雪のアート・食・音楽を通して交流するイベントです。みなさんの参加をお待ちしています。
日時=2014年2月23日(日)
場所=オーストラリア・ハウス
内容=
13:00~15:00 雪のワークショップ
オーストラリア・ハウス周辺の雪を使って、アーティストとともに雪アートのワークショップを行います。
15:30~18:00 交流会(食のおもてなし・バンド公演)
チーズステーキ、ホットワインなどオーストラリアの食材を使った料理と温かいけんちん汁・おにぎりなど地元のお母さん方の郷土料理を用意します。バンド公演として、協力隊バンド、浦田地区のバンドの2組が出演します。 アーティスト、ゲストとにぎやかに交流するイベントです。
参加費=ワークショップは無料、交流会:1,000円
送迎=
12:30(まつだい駅・松之山周辺からオーストラリア・ハウスへ)
15:00(オーストラリア・ハウス発 浦田地区各地、松之山周辺・まつだい駅まで)
18:00(オーストラリア・ハウス発 松之山周辺・まつだい駅まで)
申し込み=「大地の芸術祭の里総合案内所」 TEL 025-761-7767
  参加者の氏名、人数、連絡先、参加する内容(ワークショップ、交流会)、送迎バス利用の有無をお知らせください。
*締め切り2月21日(金)

● オーストラリア・ハウスについて:
オーストラリアは、2000 年の第1 回展から「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(以下、大地の芸術祭)」に毎回アーティストが参加し、越後妻有と深く関わってきました。こうした長年にわたる交流の結晶として2009 年に設立されたオーストラリア・ハウスは、2011 年3 月の長野県北部地震により倒壊しましたが、国際建築コンペを経て2012年の大地の芸術祭において新生オーストラリア・ハウスが再建されました。新生オーストラリア・ハウスには、レジデンス機能を備えた文化発信拠点としてはもちろん、ひとつの地域が外国とダイレクトにつながる新しい可能性として、大きな期待が寄せられています。
また昨年末には、オーストラリア・ハウスがオーストラリア建築家協会より、2013年ヨーン・ウッツォン国際建築賞を受賞しました。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む