オーストラリア・ハウス アーティスト・イン・レジデンスプログラム2014春 参加作家の滞在日程、オーストラリア・ハウス 春の作業会のお知らせ

お知らせプレス向け投稿日:2014年5月6日

NPO 法人越後妻有里山協働機構(新潟県十日町市)は、2015 年夏に開催予定の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015(以下、第6回 大地の芸術祭)」に向け昨年夏よりオーストラリア・ハウス(新潟県十日町市浦田)で、アーティスト・イン・レジデンスプログラムを行っています。
参加作家のオーストラリア・シドニー出身の参加作家Heidi Axelsen (ハイディ・アクセルセン) 、Hugo Moline(ヒューゴ・モリーン)、Nathan Hawkes(ネイサン・ホークス)3人のこの春の滞在日程、活動内容の概要が決定しました。
また今春、オーストラリア・ハウスの庭を担当している川口豊・内藤香織による植栽についてのお話と作業の会を初めて開催いたしますので、概要をお知らせいたします。

レジデンスプログラム2014春 参加作家の滞在日程・内容
自然と人間により長い年月をかけ育まれた越後妻有の里山の暮らしや知恵を、地元住民との交流や自らの滞在体験中にうまれる「言葉にたよらない会話」を通じて吸収し「地元の材料や技術を活用した、懐かしいようなでも見たこともないような繊細な空間をつくりたい」という提案をもつ彼らが、昨年夏そしてこの冬、オーストラリア・ハウス、浦田に滞在し、里山の自然や人々の暮らしにふれ、浦田地区住民との交流を通してさまざまな経験をしてきました。それらをもとに、来年度の第6回 大地の芸術祭で発表する彼らの作品プロジェクトを、いよいよこの春から浦田地区の住民のみなさんと形にしていく作業が始まります。今回の滞在では、住民のみなさんとの話し合いや準備活動が主になります。彼らの活動の様子はブログで紹介していきます。アイディアや活動の過程などをチェックしながら、彼らのプロジェクトにご期待いただければ幸いです。

*参加作家のブログ(英語版)
2013-2015 AIR Australia House

*参加作家のプロフィール等はこちらをご覧下さい。

参加作家滞在日程・内容
滞在期間:2014年5月9日(金)~5月20日(火)
オーストラリア・ハウスに滞在し、第6回大地の芸術祭で発表するプロジェクトのための地区住民との話し合い、リサーチ、準備活動等を行います。

オーストラリア・ハウス 春の作業会
「庭が生まれるところ そして…」というタイトルで、2012年の第5回大地の芸術祭で新しくなった新生オーストラリア・ハウスの庭の制作を担当してくださっている川口豊さん,内藤香織さんからまずはこの庭の植栽のコンセプトや特徴についてお聞きすることから始め,その後雪解け後初めて植栽を整える作業を行います。浦田地区のみなさんはじめ,お二人の活動やオーストラリア・ハウスの活動に興味のお持ちの方など多くのご参加をお待ちしています。

日時=2014年5月17日(土) 9:00~
場所=オーストラリア・ハウス
内容=9:00~ 川口さん、内藤さんによるオーストラリア・ハウスの庭のコンセプトや特徴についてのお話
その後、植栽の手入れを一緒に行います。
参加費=無料
申し込み=不要  当日、直接オーストラリア・ハウスにお越し下さい。
その他=作業できる服装でお越し下さい。
軍手・タオルなど必要に応じてご用意下さい。

*庭制作の川口豊・内藤香織さんについてはこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む