8月19日(火)19:00~ オイシックス代表・高島宏平×北川フラムの対談 -<都市と地域の交換>はCSRとなりうるか-

お知らせ投稿日:2014年8月2日

文明の踏み分け道で考える―北川フラムと“アート”を語る。第5回<都市と地域の交換>はCSRとなりうるか/ゲスト:高島宏平(オイシックス代表)


北川フラムがさまざまな分野の第一線で格闘するゲストと語り合うことを通して、共有の意味、共通の世界風景を探る対談シリーズが東京・代官山で開催されています。第5回となる8月19日は、オイシックス代表・高島宏平さんをゲストにお迎えします。

「大地の芸術祭」の最も大きな発見のひとつは、過疎高齢化で疲弊する地域が都市を欲する以上に、都市の人間が地域を欲していること。高島さんは、オイシックスや復興支援事業などさまざまな活動を通して、<都市と地域の交換>をビジネスの場で実践しておられます。都市を中心に地域が位置づけられる企業、ビジネスのあり方に疑問符が投げかけられる現在、企業は地域と新しい関係を築けるのか、<都市と地域の交換>は企業の社会的責任(CSR)となりうるのか、来年の大地の芸術祭に向けて企業はどのように関わりうるのか――北川フラムと語り合っていただきます。


日時:2014年8月19日(火)19:00~20:30
会場:クラブヒルサイドサロン(東京都渋谷区猿楽町30-2 ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)

>>詳細はこちら

高島宏平(たかしま・こうへい)
オイシックス株式会社代表取締役社長。1973年神奈川県生まれ。2000年6月、インターネットなどを通じて安心安全な食品を販売し、「一般のご家庭での豊かな食生活の実現」を企業理念としたオイシックスを設立、2013年3月東証マザーズに上場。その他、2007年にはNPO法人「TABLE FOR TWO International」理事に就任、2011年3月の大震災後には、一般社団法人「東の食の会」や「BEYOND Tomorrow」の発起人・代表理事となり、復興支援活動を精力的に実施している。

北川フラム(きたがわ・ふらむ)
アートディレクター、アートフロントギャラリー代表。クラブヒルサイド・ディレクター。1946年新潟県生まれ。主なプロデュースとして「アントニオ・ガウディ展」「子どものための版画展」「アパルトヘイト否(ノン)!国際美術展」など。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭」「いちはらアート×ミックス」などの総合ディレクターを務める。

予約・お問い合わせ
クラブヒルサイド事務局
TEL: 03-5489-1267
FAX: 03-5489-1269
E-MAIL : .(JavaScript must be enabled to view this email address)
営業時間:13:00-21:00 月曜休

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む