台湾の「2014 Taipei Design & City Exhibition」に越後妻有の取り組みが紹介されました

お知らせ投稿日:2014年10月22日

10月4日から26日まで台湾の台北で開催されている「2014 Taipei Design & City Exhibition」に、越後妻有の取り組みが紹介されています。この展覧会のキーワードが「ソーシャルデザイン」。その観点から越後妻有のプロジェクトが選ばれました。





2016年には、「World Design Capital 2016」(以下、WDC)が開かれる台北。WDCとは、各都市を舞台にデザインと社会・文化・環境・経済とのつながりを知り、デザインが経済発展に寄与し、地域活性に貢献することを示す展覧会です。過去にはトリノ、ソウル、ヘルシンキで開催されてきました。今回の展覧会は、この2016年に向けたものでもあり、越後妻有の地域づくりを紹介していただいたことは、とてもよい機会となりました。.





>2014 Taipei Design & City Exhibition
>World Design Capital 公式HP

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む