リュウ・ジャンフォアさん、視察へ

2015芸術祭投稿日:2014年11月6日

中国でもっとも知られたアーティストのひとり、リュウ・ジャンフォア(刘建华/Liu Jianhua)さんが、秋の越後妻有を訪れました。

光州ビエンナーレ(韓国)や森美術館でも展覧会を開かれており、主に彫刻やインスタレーションを手掛ける作家です。そして来年の「大地の芸術祭」にも新作出品作家として参加されるリュウ・ジャンフォアさん。この日は川西エリアの千住神社などをめぐり、来年に向けての視察をされました。



作品制作について頭のなかで構想をめぐらせたあとは、地元の方とも交流。そこでいただいた名酒、「松乃井」を手に笑顔をみせてくださいました。



雪の匂いがし始める11月後半まで、越後妻有では国内外の作家さんの視察が毎日のように続きます。

長い冬が始まる越後妻有。
でも芸術祭への動きは止まりません!
来年の夏を楽しみにしつつ、今後も芸術祭情報を随時アップしていきますので、ぜひご覧ください。

>リュウ・ジャンフォアさんの公式HP

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む