芸術祭PV「北川フラムが語る 越後妻有大地の芸術祭」が「全映協グランプリ2014」全国優秀賞受賞

お知らせ投稿日:2014年12月10日

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 参加作品 「妻有の映像キロク」 と、芸術祭プロモーションビデオ「北川フラムが語る 越後妻有大地の芸術祭」が、 全映協グランプリ2014【地域振興コンテンツ部門】において、全国優秀賞を受賞しま した。 受賞は、2012参加作家 今井善昭さんが代表を務める、株式会社元気な事務所 北海道支社。

大地の芸術祭プロモーションビデオ
「北川フラムが語る 越後妻有大地の芸術祭」

(映像制作:今井善昭)



「妻有の映像キロク」(T232)は、芸術祭2012の全作品を撮影し、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]でブース展示したほか、YouTubeチャンネル「EchigoTsumariARtFILe」で、リアルタイム配信を行った作品です。その画像は、本ホームページの各作品ページからもご覧いただけます。

全映協グランプリ2014
全国10の地方映像協議会(会員数約300社)で選出された作品を、一般社団法人全国地域映像団体協議会(全映協)が最終審査をして表彰する賞。最優秀作品には、総務大臣賞【番組部門】、経済産業大臣賞【地域振興コンテンツ部門】、文部科学大臣賞【学生部門】などを贈呈。

≫「全映協グランプリ2014」公式HP

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む