NYタイムズも注目する「劇団サンプル/松井周」。公演前売券購入者だけに特典をご用意

2015芸術祭投稿日:2015年7月16日

Photo by Hiroshi Hatori


ニューヨークタイムズで「日本におけるもっとも重要な演出家の一人」と紹介された演出家・松井周さん率いる新進気鋭の劇団サンプル。彼らが、旧上郷中学校を改装した劇場「越後妻有「上郷クローブ座」のこけら落とし公演「ヘンゼルとグレーテル ~もう森へなんかいかない~」を行います。全席自由となるこの公演ですが、前売チケットをお求めのお客様には、優先してお席をご案内する特典をご用意しました。注目の公演をぜひお楽しみください。

日程: 7月26日(日)、 29日(水)、 31日(金)、8月1日(土)
時間: 18:00~ 開場17:30

内容:
グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」をもとに創作される、奇妙なロードムービー風音楽劇。先の見えない森を捨て子の兄妹がさまよい、様々なものたちと出会います。地獄めぐりにも似た旅路の果てに二人が 見たものは?そんな本編以外にも、枝分かれした「断片」が会場に散らばっており、物語の世界へと誘います。

≫公演の詳細はこちら
≫前売チケットの購入(イープラス)はこちら

劇団サンプルとは?

ニューヨークタイムズで「日本におけるもっとも重要な演出家の一人」と紹介された演出家・松井周さん率いる新進気鋭の劇団。平田オリザ率いる青年団の若手自主企画公演を経て、2007年に劇団として旗揚げ。 作品が翻訳される機会も増え『シフト』『カロリーの消費』はフランス語に、『地下室』はイタリア語に翻訳されておりフィールドワークは世界へ広がっている。新人劇作家の登竜門岸田國士戯曲賞に『自慢の息子』(2010年)で第55回岸田國士戯曲賞を受賞。 日本の演劇シーンを牽引する若手トップ劇団。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む