「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」 ついに開幕!!

2015芸術祭投稿日:2015年7月26日

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」が本日開幕しました。10時より開会式が行われ、来賓の方々やオフィシャルサポーター、アーティスト、地元のみなさんなど約800人の方にご出席いただき大盛況となりました。



開会式終了後にはツアーバス10台以上が一斉に動きだし、各作品へと出発。各集落でパフォーマンスやオープニングレセプションがあちらこちらで同時多発的に開催され、ツアーのお客様はもちろん、地元や海外からのボランティアなど、たくさんの方々が参加しました。

飛渡(とびたり)エリアでは、「悪魔のしるし」による「搬入プロジェクト」が行われ、香港からの中高生ボランティア25名、地元のみなさん、そして悪魔のしるしが、竹でできた巨大オブジェを旧飛渡第二小学校の体育館に搬入しました。搬入されたオブジェはこのまま作品として展示されています。









ついに始まった大地の芸術祭2015。
9月13日(日)までの50日間、皆様のご来場をお待ちしております!

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む