とびきりの新米を楽しむための食とアートの10日間、「新米のための越後妻有 2015 秋」開催

お知らせ投稿日:2015年9月26日

芸術祭が終わり、黄金色の棚田で収穫されるのは日本一の魚沼産コシヒカリ。とびきりの新米を楽しむための食とアートの10日間を開催!

新米を楽しむための食プロジェクト |   新米を楽しむためのアート | 新米を楽しむためのツアー  

新米を楽しむための食プロジェクト

[まつだい農舞台]

  • 越後妻有・里山マルシェ
    マルシェ 地元の農家さんたちが軽トラックで農舞台に集結!旬の採れたて野菜や地元の特産品を販売するスペシャルマーケットを開催します。
    ※天候次第で販売物の変更あり

    場所:まつだい農舞台1Fピロティ
    日程:10月17日(土)、24日(土)
    時間:11:00~15:00
    ≫詳細はこちら

  • 新米おにぎりのための城山ピクニック
    ピクニック×わらアート 美味しい新米を食べるべく、アートのメッカ・城山を案内人とピクニック。親子で眺めの良い山頂で秋の里山と新米おにぎりを思う存分堪能しよう。

    日程:10月17日(土)、10月18日(日)、10月24日(土)、10月25日(日)、10月31日(土)、11月1日(日)、11月3日(祝日) ※雨天中止
    時間:10:15~12:30
    集合場所:まつだい農舞台1Fピロティ
    参加費:大人1,500円、中学生以下1000円(おにぎり代含む)
    催行人数:大人2名以上
    持ち物:歩きやすい靴
    お申込:「大地の芸術祭の里」総合案内所 025-761-7767
    (開催日より2日前までにお申し込み下さい)
    ≫詳細はこちら

  • 越後まつだい里山食堂「新米とおかずの特別メニュー」
    里山食堂 秋 芸術祭会期中は連日混雑していた越後まつだい里山食堂で、ゆっくり里山ビュッフェを楽しもう。秋の特別メニューとして、カバコフ棚田の新米(白米・玄米)と、秋野菜たっぷり『いっちょっぱ汁』をご提供。『いっちょっぱ汁』は、昔から祝い事やお客様のおもてなしに地元で採れた野菜、山菜などを使った郷土料理です。大根や人参をいちょうの葉の形に切って出すので『いちょうの葉』~『いっちょっぱ』汁と伝わっています。

    時間:10:00~17:00(L.O.16:30、ランチ11:00~14:00) ※水休
    料金:大人1,500円、小学生800円、幼児400円
    ≫施設詳細はこちら

[奴奈川キャンパス]

  • 越後妻有ハーヴェストproduced with 東京ハーヴェスト
    米澤文雄 ミシュラン三つ星、ニューヨーク料理界の至宝、「ジャン・ジョルジュ」。東京店のシェフ・ド・キュイジーヌ米澤文雄が奴奈川キャンパスにて1日限りの特別メニュー!

    日程:10月31日(土)
    時間:19時~
    料金:お一人4,200円
    ≫ご予約はこちら
  • おにぎりのためのサッカー教室
    サッカー 奴奈川キャンパスのグラウンドでサッカーをしておなかをへらし、新米のおにぎりを食べよう!おかずは持参。

    日程:11月7日(土)、8日(日)
    時間:サッカー10:00~、昼食12:00~
    料金:1,000円
  • GAKUSYOKU
    学食 「まつだい棚田バンク」で収穫した新米をワンプレートの定食にしてご提供!

    日程:10月17日(土)~11月8日(日)の土日祝
    時間:10:00〜16:00(ランチ11:00〜14:00)
    料金:1000円(入館料別途)
    ≫施設詳細はこちら

[絵本と木の実の美術館]

  • ビオトープ秋の観察会&稲刈り〜脱穀〜おむすびづくり
    ビオトープ1 ビオトープの田んぼではじめての稲刈り。
    手動脱穀に挑戦!

    日程:
    10月11日(日)14:00〜「ビオトープ稲刈」
    11月3日(火祝)10:00〜「秋の観察会&脱穀〜おむすび作り」
    場所:絵本と木の実の美術館ビオトープ
    料金:300円(別途入館料、どちらかの参加も同額)
    持ち物:汚れてもいい服装、水筒、帽子、長靴
    お申込:絵本と木の実の美術館 025-752-0066
    .(JavaScript must be enabled to view this email address)
    ≫詳細はこちら
  • 第10回「秋ぶるめ」
    秋ブルめ 村で収穫された元気な野菜の販売会。餅つきやけんちん汁の販売、お笑い芸人ショーも!
    日程:11月1日(日)
    時間:11:00〜
    料金:無料
    ≫詳細はこちら

[越後妻有里山現代美術館キナーレ]
越後しなのがわバル「秋の野良しごと膳」
秋キナーレ料理 滋味あふれる十日町の山幸・里幸、土産土法の理に沿って仕立てる、やさしいお味のお料理です。食前酒として、新米で作った甘酒もご用意。

日程:10月17日(土)~11月8日(日)の土日祝
料金:1,360円(税込)
時間:11:00~17:00(なくなり次第終了)
お問い合わせ:025-761-7371
≫施設詳細はこちら

[うぶすなの家]
秋のうぶすな定食
うぶすな秋 東下組のお父さんたちが手塩にかけてつくった棚田米の新米と、夏の芸術祭で登場した人気メニュー 妻有ポークの味噌焼きをメインに、秋野菜の天ぷらや季節の小鉢がセットになった定食です。楽しいお母さんたちのおしゃべりと、ご飯が何杯でも進みそうな食事が自慢です。(売切れ次第終了)

日程:10月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)、11月1日(日)、2日(月)、3日(火祝)、7日(土)、8日(日)
時間:10:00-16:00
(ランチタイム 11:00-14:00 ※売切れ次第終了)
料金:1,200円(入館料別途)
≫施設詳細はこちら

[明後日新聞社]
明後日新聞社収穫祭
明後日もちつき 松代・莇平集落の明後日新聞社 文化事業部が活動を始めて13年目。恒例の「莇平集落・明後日新聞社収穫祭」が行われます。 日比野克彦さん、集落のみなさん、明後日新聞社社員と一緒に、種をつけた朝顔を片付けたり、学校の雪囲い取付け作業をお手伝いします。そのあとは、お米と朝顔の種の収穫に感謝する収穫祭! みんなで新米の餅をついて、雑煮をいただきます。集落の冬支度のお手伝いと収穫祭、ぜひ参加してみませんか?

日程:10月25日(日)
時間:8:30~14:00
(8:30~冬支度など、11:00頃~もちつき、12:00頃~収穫祭)
お申込:「大地の芸術祭の里」総合案内所 025-761-7767
(締切:10月16日(金))
※差し入れ、花代歓迎
≫詳細はこちら

[三省ハウス]
三省地区棚田米 新米によく合う逸品おかず
白米 集落のなかにある木造校舎を改装した宿、三省ハウスでは、雪国ならではの保存食、棚田米で作った発酵自然食品、野菜の塩麹漬としょうゆの実(朝食)を、お母さん手作りでご提供。

料金:1泊2食付宿泊プラン
大人6,000円~ 子供4,200円~
≫ご予約はこちら

[かたくりの宿]
秋山郷の恵みを堪能する 秋 ~きのこ鍋 石垣田新米~
かたくりきのこ鍋 秘境秋山郷にある、かつての小学校を改築した 秋山郷結東温泉かたくり宿で、秋の恵み「天然のきのこ」を堪能する特別な宿泊プラン。あまんだれ、くりたけ、ししたけ、むきたけ、ひらたけ、ぶなはりたけ、なめこ といった様々な種類の天然きのこが入った味わい深いお鍋でおもてなししま す。また、結東の石垣田では、綺麗な水と美味しい空気で育ったコシヒカリの新米が収穫の時期を迎えます。秋山郷の紅葉をお楽しみいただくとともに、きのこ 鍋と新米と秋の味覚がたくさんつまったお料理をご堪能下さい。(紅葉の見頃は10月中旬~11月初旬)

期間:10月24日(土)〜11月15日(日)
料金:1泊2日宿泊プラン 大人11,300円 小学生8,700円
≫ご予約はこちら

新米を楽しむためのアート

                    

[大地の芸術祭作品・秋の特別開館]
最後の教室 うぶすなの家もぐらの館、清津倉庫美術館奴奈川キャンパス夢の家脱皮する家最後の教室ギャラリー湯山、ほか屋外作品

期間:10月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)、11月1日(日)、2日(月)、3日(火祝)、7日(土)、8日(日)
時間:10:00~16:00
入館料:300円~500円
※ギャラリー湯山のみ9/19-11/3の土日祝の開館

[絵本と木の実の美術館]

  • 秋の企画情報 あべ弘士×田島征三 「けものの森へ」展
    絵本企画展けもの あべ弘士が描いた「どうぶつ」に、田島征三が「植物」をテーマにコラボレーション。 2人の作家が、生きもの×生きもので新たな空間を創り出します。

    期間:10月10日(土)〜11月30日(月)水木休
    時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
    入館料:大人700円 小中学生300円 幼児無料
    ※団体料金、障がい者割引料金有り
    ≫詳細はこちら
  • イベント「+田島征三 スペシャル対談2連発!」
    第1弾「あべ弘士+田島征三」 10月24日(土)15:00〜
    参加費1,000円(入館料別途)
    テーマ:当日のおたのしみ!
    第2弾「きむらゆういち+田島征三」 11月22日(日)13:00〜
    参加費1,000円(入館料別途)
    テーマ:11月出版予定の新作コラボ絵本『おおかみのはつこい』制作秘話
    お申込:予約制/絵本と木の実の美術館 025−752−0066
    .(JavaScript must be enabled to view this email address)
    ≫詳細はこちら

[まつだい農舞台・まつだい郷土資料館・奴奈川キャンパス]

  • わらアート
    わらアート 半年の永きにわたり雪に閉ざされる越後妻有地域では、稲藁が冬に使える貴重な資材として、また豊作の象徴として、暮らしの中でさまざまに活用されてきました。今年収穫をおえたばかりの「越後妻有」の稲藁が、海の幸、大地の恵みの巨大な神になって、越後妻有と六本木に現れます。

    ≫詳細はこちら

    ●まつだい「農舞台」会場(ギャラリー)
    秋の企画展 「妻有ものがたり<藁編>」

    日程:10月17日(土)~12月28日(月)水休
    時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
    料金:600円 または「妻有ものがたり」3館通しチケット(1000円/中学生以下500円)

    ●まつだい「農舞台」会場(屋外)
    テーマ:大地の神
    日程:屋外 10月17日(土)〜11月3日(火祝) 水休
    時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
    料金:600円 または「妻有ものがたり」3館通しチケット(1000円/中学生以下500円)

    ●奴奈川キャンパス会場
    テーマ:海の神
    日程:10月17日(土)〜11月3日(火祝)の土日祝
    時間:10:00〜16:00
    料金:500円 または「妻有ものがたり」3館通しチケット(1000円/中学生以下500円)

    ★東京ハーヴェスト会場
    大地の芸術祭ネットワークアドバイザーの高島宏平さんが手がける「東京ハーヴェスト」)に出張展示予定。
    日程:11月7日(土)、8日(日)
    場所:六本木ヒルズ
    http://www.tokyoharvest.com/
    ≫詳細はこちら

  • 食と芸術と古民家探訪体験プログラム
    いろり 世界各国のアーティストによるアート作品をはじめ、木の実や草花など、秋の里山をガイドがご案内します。古民家を活用したまつだい郷土資料館で、囲炉裏端 でくるみ割り体験も。お食事は、新米コシヒカリと季節の野菜が並ぶ「越後まつだい里山食堂」のランチをお楽しみください。

    場所:まつだい郷土資料館(まつだい「農舞台」2階で受付)
    期間:2015年10月3日(土)〜11月8日(日) ※水休
    時間:12:30~16:30
    お申込:要予約/実施の前日まで
    ※10名以上のグループの場合は4日前まで
    ※イベント時など、ご予約を受け付けられない場合もあり。
    ≫詳細はこちら

[オーストラリア・ハウスほか]
オーストラリア・ハウス 秋のプログラム
“里山の秋”を体感!晩秋の越後妻有でワークショップ・講座と運動会を開催。収穫作業を終え、雪の季節の到来を目前にしたこの時期は、地区の人たちがこれまでの疲れを癒やしながら、秋の実りの豊かさを楽しみ、冬の準備をしながら、一年中で一番のんびりくつろぐ季節です。 この“里山の秋”を体感しながら、地区の人たちと日豪の文化に親しんだり、交流を楽しんだりする“オーストラリア・ハウス秋のプログラム”を2日間にわけて開催します。

日程:11月1日(日)、3日(火祝)
時間:10:30~16:30
参加費:プログラムにより異なる
≫詳細はこちら

[越後妻有里山現代美術館キナーレ]
常設展入館者に、もれなく「妻有通信」をプレゼント
レアンドロ・エルリッヒやカルロス・ガライコアなど、世界のトップアーティストが集まるキナーレの所蔵作品群を公開。「新米のための越後妻有2015秋」開催期間に入館すると、より深い越後妻有の楽しみ方を紹介する地域誌『妻有通信』をプレゼントします。秋の旅のスタート地点として、ぜひキナーレにお立ち寄りください。

プレゼント実施期間:10月17日(土)~11月8日(日) ※水休
時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
入館料:大人800円 小中学生400円

[夢の家+脱皮する家]
泊まれるアートの宿泊体験
夢の家 芸術祭期間では予約が取れない、「夢の家」、「脱皮する家」に泊まって、秋の夜長を楽しもう。

予約受付日:10月16日(金)、17日(土)、24日(金)、26日(土)、30日(金)、31日(土)、11月1日(日)、2日(月)、6日(金)、7日(土)
≫「夢の家」の予約はこちら
≫「脱皮する家」の予約はこちら

新米を楽しむためのツアー

        

「食と芸術と紅葉狩り」バスツアー
秋美人林 実りの秋、棚田の風景や紅葉の美人林、新米コシヒカリのお食事に、美術館めぐりを楽しむツアー。

日程:10月10日(土)、11日(日)、12日(月)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)、11月1日(日)、3日(火祝)、7日(土)、8日(日)
料金:大人6,900円、中学生以下5,600円
行程:
9:20越後湯沢駅発▶9:45六日町駅発▶10:15十日町駅発▶美人林▶星峠の棚田(秋の水張り棚田)▶越後まつだい里山食堂 新米コシヒカリのランチ&まつだい「農舞台」・まつだい郷土資料館見学▶絵本と木の実の美術館▶越後妻有里山現代美術館[キナーレ]▶16:10十日町駅発 ▶16:40六日町駅発▶17:05越後湯沢駅着
お申込:十日町市観光協会 025-757-3345
≫詳細はこちら

星峠の稲刈りツアー
「脱皮する家」を手掛けた鞍掛純一+日本大学芸術学部が携わり、耕作している星峠の棚田の稲刈りに参加できるツアー。

日程:10月11日(日)~12日(月)
内容:東京発着/鞍掛純一+日本大学芸術学部とともに「大地のおくりものをつくろう」ワークショップ、星峠の稲刈り
宿泊:三省ハウス
料金:大人21,000円
(交通費、宿泊代、食事代:朝1・昼2・夕1、温泉代、保険代込)
お申込:「大地の芸術祭の里」総合案内所 025-761-7767
≫詳細はこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む