今だけ!過去の名作など芸術祭の歩みがわかる「芸術祭アーカイブ 2000-2015」inキナーレ

お知らせ投稿日:2015年10月18日

2000年から2015年まで、「大地の芸術祭」の軌跡をキナーレにて公開



これまで1000点を超す作品がつくられきた「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。たくさんの名作が生まれ、常設になったものもありますが、多くはそのときだけの公開です。 そんな過去6回の作品の数々を一気に観ることができるのが、この企画。

今回、越後妻有里山現代美術館[ キナーレ] では、2000 年から始まった大地の芸術祭の歩みを写真とパネルで紹介します。さらにポスターやパスポート、スタンプなど、その年の芸術祭のカラーや特徴がわかる制作物も観ることができます。

また、現在開催中である食とアートの10日間のイベント、「新米のための越後妻有2015秋」開催期間に入館すると、より深い越後妻有の楽しみ方を紹介する地域誌『妻有通信』もプレゼントします。

秋の旅のスタート地点として、ぜひキナーレにお立ち寄りください。

  • 『妻有通信』プレゼント実施期間:
    10月17日(土)~11月8日(日) ※水休
  • 時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
  • 入館料:大人800円 小中学生400円
ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む