一夜限りの饗宴 「越後妻有ハーヴェストproduced with 東京ハーヴェスト」

お知らせ投稿日:2015年11月6日

この週末に東京で開催中のイベント「東京ハーヴェスト | 東京から、ラブレターを。」。農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭です。
越後妻有はこのイベントと深く関わっているのをご存知ですか?

先月31日、「東京ハーヴェスト」の仕掛け人である高島宏平さん(オイシックス株式会社代表取締役社長)や石渡晃一さん(カフェ・カンパニー株式会社常務取締役)らのご協力で、東京からミシュランシェフをお招きし、地元食材を使ったコース料理を振る舞っていただく、一夜限りの収穫祭「越後妻有ハーヴェスト produced with 東京ハーヴェスト」が妻有で開催されました。










(左:高島宏平さん/右:石渡晃一さん)


会場はもちろん農業をベースにした学校「奴奈川キャンパス」。
当日は地元の方々と首都圏からのお客さまで満員となりました。






(左:ミシュラン三つ星、ニューヨーク料理界の至宝、「ジャン・ジョルジュ」のシェフ・ド・キュイジーヌ 米澤文雄)


お化粧して来てくれた地元農家のお母さんたち、
着物で参加してくれた地元の若い女性たち、
慣れないキッチンで奮闘しつつも、地元野菜の魅力を最大限に引き出す料理ととびきりの笑顔で迎えてくれたシェフ、
地元のお父さんお母さんと笑顔で笑いあう首都圏からのお客さま、
それらすべてが私たちスタッフの心に残る、忘れられない夜となりました。










「爺さま婆さまの笑顔が見たい――。」
その想いで始まった大地の芸術祭は、通年でこの地域の活性化に取り組んでいます。そしてそれは本当にたくさんの方々に支えられています。
ぜひ一度足を運んでみてください。
お待ちしております。


≫東京ハーヴェスト | 東京から、ラブレターを。


ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む