【小林武史×櫻井和寿 対談】 「うぶすなの家」など大地の芸術祭について語ってくれました

お知らせ投稿日:2016年4月23日

大地の芸術祭2015 の最終週を飾った「YEN TOWN BAND」の復活公演。そのプロデュースをされた音楽家・小林武史さんと、会期中に妻有を訪れてくださったMr.Childrenの櫻井和寿さんが対談。2017年夏に石巻市など東北で開催が決定した「Reborn-Art Festival」への思いを語るなかで、「うぶすなの家」など大地の芸術祭についても話してくださいました。

詳細はこちらボタン



ap bank fes休催から5年を迎える2017年の夏「Reborn-Art Festival」の開催が決定しました。それに先立ち2016年の夏、プレイベントとして「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」が開催されます。アート、食、音楽、伝統芸能などが混在する、新たなかたちの野外イベントに込めた思いを二人が語ります。「Reborn-Art Festival」には、大地の芸術祭・総合ディレクターの北川フラムも顧問を務めており、お二人のお話のなかでも、震災復興の観点から「うぶすなの家」など大地の芸術祭について言及されています。

詳細はこちらボタン

作品としてはもちろん古民家レストランとしても絶大な人気を誇る「うぶすなの家」ですが、この春から宿泊もスタートします。ぜひご自身で体感しにきてください。

≫「うぶすなの家」宿泊詳細へ





photo by Yoshiharu Ota, Hiroshi Hatori
ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む