本日オープン!「Makuake」×大地の芸術祭がコラボ。芸術祭プロデュースの地元銘酒を先行発売

お知らせプレス向け投稿日:2016年12月4日

「大地の芸術祭」は、新しいアイディアへの支援者を募るクラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)にて、地域の隠れた地場産品を広くPRする新プロジェクトを始動させました!

≫プレスリリースはこちら




今回スポットを当てたのは、地元で愛され続ける雪国十日町の銘酒「天神囃子」。 新潟県産の酒造米を魚沼山系の伏流水で仕込む真面目一徹の酒造で、淡麗辛口で知られる新潟のお酒の中では異色のしっかりとした「旨口」のお酒です。そのデザインを一新した「天神囃子 大地の芸術祭エディション」を、12月8日より2月末まで「Makuake」のみで先行発売いたします。



デザインを手がけたのは、新潟を拠点に活躍するデザイナー・白井剛暁(しらいたけあき)氏。純米大吟醸・原酒は「ブナ林」、純米吟醸は「棚田の畔」、特別純米酒は「ハサ掛けの稲」という、いずれも大地の芸術祭の舞台・越後妻有で撮影したイメージで、ストレートにお酒の素性を伝えます。ロゴは「扇子」モチーフに『天』の文字を表し、稲作豊穣を願い唄い踊る人の様を表現してくれました。

【白井剛暁】
DESIGN DESIGN代表・アートディレクター/デザイナー。
新潟県三条市出身。
≫公式HPへ

Makuakeとは
行者のアイディアに賛同してくれる支援者を募集する、サイバーエージェントグループの運営する日本最大のクラウドファンディングプラットフォーム。
≫公式HPへ

地域の小さな酒造の挑戦を、 大地の芸術祭はクラウドファンディングという手法で応援していきます。 この機会にぜひ活動を知っていただき、お酒を購入することで一緒に応援していただければ嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む