「大地の芸術祭」が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例に選ばれました

投稿日:2016年12月15日

「大地の芸術祭」(十日町市・津南町)が、内閣官房及び農林水産省が主催する平成28年「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回)において、応募があった769地区の中から、農山漁村活性化の優良事例30地区のひとつに選ばれました。



内閣官房及び農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を選定し、全国へ発信することを目的としています。12月2日、その授賞式が行われ、芸術祭実行委員長である十日町市長と副実行委員長の津南町長が出席しました。

≫「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の詳細はこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む