オーストラリア・ハウスレジデンス事業2017公募結果

お知らせ投稿日:2017年3月31日

2017年2月1日~3月15日の期間、募集をしておりました、オーストラリア・ハウスのレジデンス・プログラム2017の公募結果をご報告いたします。

今回の公募は短期間の募集となりましたが、結果的には、オーストラリア全国、あるいは国外に在住の方からの応募も含め86組の応募がありました。応募者のバックグラウンドも、ヴィジュアルアーティストを始め、写真家や、パフォーマー、建築家、音楽家、詩人、ライター、研究者、教育者と多岐に亘り、非常に質の高い公募となりました。

≫詳細はこちら


【参加決定】
Liam Mugavin / デザイナー “Studio Liam Mugavin” 代表



シドニーを拠点に家具や照明などのデザインを主に行う。また、昔からの工芸技術を現代のデザインに盛り込むことを制作の趣旨としている。これまで、日本にも4年間滞在しており、その経験を 、「間」の思想を背景に空間の使い方やデザインへ反映することを試みている。
≫オフィシャルサイト


Jia-Wei Zhu / パフォーマンスアーティスト, ダンサー



ダンスといった身体表現だけでなく、文化人類学や、デジタルメディアなどのバックグランドを持ち、ダンスと映像を組み合わせた作品を発表するなど、それらを複合的に取り込んだ表現を行っている。これまで世界各地で作品制作を行っており、その土地と身体を繋ぐ媒介としてダンスという表現を用い、作品へと昇華を試みている。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む