7月22日(土)「水あそび博覧会」「山あそび博覧会」が同時オープン!

お知らせ投稿日:2017年7月17日

7月22日(土)より、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]の「水あそび博覧会」、まつだい「農舞台」の「山あそび博覧会」が同時オープンします。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]では、中央の池に、7組の作家・団体による「水あそび」が展開。飛び石のように並んだステンレスの円盤が水面に浮かぶ作品や、雨が降ってくる「水の回廊」、立ちこぎボート「SUP」などが登場!7月22日(土)初日には、開発好明による「水音のノイズライブ」を14:00~開催します。
≫展覧会詳細はこちら


昨年の様子 Photo by Osamu nakamura

まつだい「農舞台」では、ギャラリー内に「ボルダリング」が出現。約30の屋外作品が設置された周辺の城山には、コマーシャルでも話題となった「森の木琴」を手掛けた、清川進也による「山あそびの木琴」が音を奏でます。さらに、大地の芸術祭2018新作先行公開、ジョン・クルメリングの「hi 8 way」も公開!里山を散策しながら、スタンプラリーをお楽しみいただけます。
≫展覧会詳細はこちら


イメージ

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む