Makuakeでのプロジェクト第2弾。地元着物柄トートバッグを先行発売

2018芸術祭お知らせ投稿日:2017年11月23日

「大地の芸術祭」は、新しいアイディアへの支援者を募るクラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)にて、地域の隠れた地場産品を広くPRするプロジェクトの第2弾を始動させました!

第2弾は「大地の芸術祭」の公式トートバッグMakuake限定バージョンを作ります。今回スポットをあてるは、老舗の織物会社「根茂織物(ねしげおりもの)」。かつて織物産業で繁栄した越後妻有の歴史や技術を伝えるため、芸術祭のコンセプトと根茂織物の着物柄をデザインに取り入れた、Makuake限定版のオリジナルトートバッグを、11月22日より「Makuake」のみで先行発売しました。
≫Makuakeページへ


もともとの公式トートバッグには、芸術祭のコンセプト「人間は自然に内包される」がデザインされており、ここに、昭和30年頃の実際の着物染色に使用していた型紙の図柄をレイアウトしました。「若い人でも手軽に手に取りやすいものに着物の柄や技術を生かしたい」というオーダーに快諾いただき、貴重な型紙データを提供いただいた中から、ピンクのポピー柄と水色のチューリップの着物柄を選び、古い和柄を使いながらも世代を選ばないにデザインに仕上げました。
≫Makuakeページへ


※公式トートバッグは、越後妻有のショップや、11月29日までは渋谷ヒカリエ5F芸術祭公式ショップでも販売中!

【根茂織物(ねしげおりもの)】
根茂織物は、着物の町・新潟県十日町市において、伝統的な技術を守りつつ、インクジェットプリントなどの最新技術を積極的に導入し、常に新たな着物生地作りに取り組んでいるバイタリティあふれる会社です。インクジェットプリントにより、これまで蓄積してきたデザインや染色に使用する版、型紙などを何千枚という単位のものをデータ化し、最新の技術でプリントできるようになりました。その技術を活かし、今回、オリジナルトートバッグを作成します。

Makuakeとは
行者のアイディアに賛同してくれる支援者を募集する、サイバーエージェントグループの運営する日本最大のクラウドファンディングプラットフォーム。
≫公式HPへ

地域の老舗織物会社の挑戦を、 大地の芸術祭はクラウドファンディングという手法で応援していきます。 この機会にぜひ活動を知っていただき、トートバッグを購入することで一緒に応援していただければ嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む