いよいよ3月3日(土)越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village 2018 開催!

お知らせ投稿日:2018年2月28日

越後妻有の長い冬の終わりを告げる「越後妻有 雪花火」。いよいよ3月3日(土)開催です!雪原に広がる光の花畑、高橋匡太「Gift for Frozen Village 2018」の作品の中、雪上花火としては世界最大級の三尺玉が冬の澄んだ夜空を彩ります。

プログラム

越後妻有 雪花火
※19:00より数分間

Gift for Frozen Village 2018
光のアーティスト・高橋匡太さんによる「光の花畑」。会場では、「光の種」を植える体験もできます。16:00~開場 ※体験は日没頃~がおすすめです

Photo by Ayumi Yanagi

高橋匡太さんも現場入りし、サポーターの協力のもと、準備が着々と進行しています!

西堀隆史「赤/白」
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]でも作品を展示している西堀さんの作品が、1日限り、雪花火会場に登場します!
制作中の風景。当日どうぞお楽しみに。

DJによる音楽パフォーマンス
DJが音楽で会場を盛り上げます

出演:
DJ SEIYA

1997年、都内を中心にクラブDJとして活動開始。大箱から小箱まで数多くの場所で経験を積む。 クラブだけではなく、ヘアショー、洋服関係(アパレルイベント)、結婚式といった幅広くファッショナブルなシーンでもDJとして活躍する。 2003年、ロサンゼルスに渡米。活動の拠点をLAに移す。現地でも色々なイベントでRESIDENT DJを務め、ハワイでもFashion 45でプレイする。AI、湘南乃風、卍LINE(窪塚洋介)、ZEEBRA、DJ STEVE AOKI、FAR EAST MOVENT、等のLAでのLIVEイベントにもDJ出演する。時より織り交ぜたキレのあるスクラッチや、独自の感性から生み出されるボーダレスな音楽空間は、国籍を問わず多くの人々の共感を得ることができた。 HIP HOPを軸に洋楽邦楽問わずオーバーグランドからアンダーグランドまでジャンルレスに構成する選曲。疾走感のある心地いいメロディーで心に響く音から、温かくどこか懐かしくも感じる叙情的なチルアウトまで、幅広いフィルターを通してミックスし、広大な独自の音世界を演出する。

Buppa.9 a.k.a 4039
DJ 4039の別名義プロジェクト、Buppa.9。96年より、バトルDJからキャリアを開始する。数多くのクラブで経験を積み、ヒップホップ、R&B、レゲエ、ソウル、ハウス、ドラム&ベースなど幅広い音楽に影響を受ける。Buppa.9は、ディープ・ミニマル・テック・トライバル・ファンキーといった要素を持つ楽曲に、Buppa EDITされたボーカル/フレーズ/ノイズをループさせてミックスを展開し、2005年より代官山AIRでのDRUM & BASS PARTY「PLANET AKA」のレジデントDJとして活動し、同年のパインリッジリゾート神立で開催された野外パーティー「UTAGE」、ageHaの元ローズルームでの「PLANET AKA EXTRA」、 06S@WOMBへの出演、またPARFUM GIVENCHYの新作香水のリリースパーティー、TOKYO FM主催のBLUE PLANET PARTY、 東京都主催のTOKYO MUSIC CIRCLEなど、メジャーからアンダーグラウンドを問わず多数のパーティーへ出演、4039の別名義プロジェクトBuppa.9はさらにフレッシュな切り口で音楽をサンプリングしながら進化し続けている。

屋台 12:00~開場

出店者紹介
ALE beer & pizza、お食事 なかじょう、くしやき 孝、ブルームーン、中魚沼漁業協同組合、spicecafe Roots、川西商工会青年部、ブアソン・フォレ、つけ麺酒家 SAKURA、十日町 56年会、三ケ村いきいき館、割烹 川喜屋、釜と七厘、株式会社 美郷、ワークセンターなごみ、妻有ビール、「うぶすなの家」チーム、水沢商工会青年部、モダン食堂KICHI、東下組青年団、紋次

「越後妻有 雪花火」を含む「越後妻有2018冬」共通チケットは大人2,000円、小中学生1,000円。ぜひご利用ください。
≫「越後妻有2018冬」共通チケット販売場所一覧はこちら

トップ写真:Photo by Mito Murakami /Reiko Kawaguchi

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む